金沢・能登

カテゴリ:
0320


先週になりますが、娘たちが金沢・能登の旅を企画してくれまして、
一泊二日で行ってまいりました。
(どうしても“赤いちゃんちゃんこ”着せて写真に納めないと気が済まないようです。
が、超忙しいふたりですから、やりくりしてこの日を作ってくれたのでしょうし、
娘だけでなく、ふたりに祝ってもらって、まぁうれしかったです(^^ゞ。)


これは二日目、和倉温泉から金沢に戻って、リクエストしていた21世紀美術館を見て、
私は金沢観光、過去にしたこともあり、あとは彼らの見たいところでいいよと
兼六園みて、近江町市場で買い物して、尾崎神社、尾山神社で娘、御朱印帳持って駆け回り
金沢城はもう一度見なくてもいいから「あなた方だけでみてらっしゃい。」と
私はその裏手の公園で石ベンチに座って待っていた時に描いたスケッチです。

この前に尾山神社の神門があまりに目にめずらしく、鉛筆でスケッチしたのですが、
形をとるので精一杯で、帰ってからTさんが撮ってくれた写真
(今回彼が写真すべて撮ってくれたのでかさばるカメラ持たずに出掛けられました~)
見ながら色つけようと思いました。
が、こうして見ると、かなりバランスやボリュームの狂いが気になりますねぇ!
もうちょっとどうにか修正してスケッチとして完成させようと思います。
0314-2

着いたその日は“みんな大好き!『のとじま水族館』~~”。
娘を子供のころ連れてきたことは確かにあるのですが、まったく覚えてないと。
しかし、娘のそのはしゃぎっぷりを見ていると
“あの頃となにも変わってない…”と何度も何度も思いました。
特にこのペンギンさんのお散歩への反応はデジャブのようでしたわ~。
0313
これをボールペンで描いたとき、ほんとに一瞬だったので
何が何やらの、のたくった線でしかなかったのですが、
娘が絶賛して早く色つけて~と言うので、
他にもいろいろ描いたのですが、それはまたTさんの写真見て色付けることにして、
これだけは雰囲気を思い出して色付けてみました。
なんとかペンギンに見えるようにはなりました(^^ゞ。
(右上はペンギンの近くの水槽でゆったり泳いでいた魚ですが、名前を控えておくのを忘れて
結局3人とも最後まで思い出せませんでした。)


花束を描く

カテゴリ:
0208
今年の誕生日に娘から届いたお花です。
この時期寒いのは当然ですが、このところの低温で
寒冷地へのお花の配達』は“切り花”のみ!!だったそうです。
いやー、お花屋さんも配送屋さんも大変ですね!。
おかげさまで素敵な花束が届き、しばらく楽しませてもらいました。
花瓶ではないのですがこのブーケが全部入るガラスの水差しにドンと投げ入れ、
翌日ガーベラが一本折れてしまったので、
手折って、好きな陶器の器(菅平の『すぐり窯』さんの脚付き器)
水を張って置いてみました。
オレンジのガーベラは娘が特に好きな花です。

娘が好きな黄色やオレンジのお花がメインで、若々しく可愛らしいブーケでした。
その印象は描けたかな(^^ゞと思います。

還暦に寄せて

カテゴリ:
一回りしたということですね~、
今日からリスタート
体の細胞が一巡したと、なぜか自分そう思うのですね、
で、とてもさわやかな気分で誕生日を迎えました。

仕事に関しては、これからが真骨頂と考えていますので
まだまだ、まだまだまだまだ引退ではありませんので(^^ゞ
今後のP.BOXにますますご期待くださいませね~。

0131-1

さて誕生日。
昨日おとといと帰省していた娘ですが、
小さい頃から私の誕生日には、さまざまなサプライズをしてくれました。
が今年は本当にビックリしました。
秋に結婚が決まっていまして、その彼とふたりで
『赤い石のついた指輪をプレゼントしてくれましたのよ~。
彼らが結婚指輪を購入したお店のものです。
早速手帳にスケッチ、いや~ニヤニヤが止まらない(*'▽')~。

0131-2

実は、人生ひとまわりしたところで、
徐々に“娑婆からフェードアウト”していこうと考えていたのですね、
ただ妙に揺らいでいました。

そこを裏をかかれたというか…の娘からのバースデーカードでした。
笑えました~。

本年もよろしくお願い致します

カテゴリ:
今年もいよいよ明日からは本格始動ですね。
年末からwindows10の自動更新でパソコンに不具合が出て、
いちばんはメールが使えなくなったのですが、とりあえず
他のPCで対応できたので、だましだまし年末まで乗り切り
年明けて5・6日で修理に出しました。
で、無事元の状態に戻って、それでなんとなく安心してしまって
ふと気づくとこのブログは放置状態…、いか~ん更新しないとぉ~、
新年のご挨拶~~~
うかつでした、FTP(転送ソフト)の設定など、一応控えてはあるものの
何かが違うようで“パスワードが違います”で何度もはじかれまして、
慌てました、、、
ホントにこういった作業に年々「メンドクサイ…感」上昇しております。
2018戌
今年は戌年、もうノブユキ描く以外ないのですが、
ノブユキさん、苦手ですね~、どうにも納得はいかなかったのですが
この辺で見切らないとまずいというタイムリミットで決めました。
今年はウチに来て6年半にもなるノブさんともう少し理解しあえるような気はしてます。
ヘレンケラーの「ワラ-!(ウォーター:水)」前後の状態に
今うちのノブユキはいるのでしょう。
今も私の足元でまるくなってます、そうなんです、猫みたいなんです、
性質もまるで猫!。
性格が悪いと言うと口の悪い友人たちは「飼い主に似るのだよ(^^♪。」と言いますが、
多分そうなんだろうと思います(^^ゞ。

2006年賀

一回り前の戌年年賀状を載せてなかったのでついでに記録として。
16歳以上生きたこのこ「シロ」は今思い出しても涙が出るくらい
「飼い主に従順な犬」そのものでした。
娘と思い出すシロのエピソードはたくさんたくさんありますけど、
比べられ、ヒール役になっている現在のノブユキは、
それはそれでなかなか面白い存在でもありますね、
いろいろなことを気づかせてくれるという意味で。

ふたり?で切磋琢磨して成長していきたいと真剣に思っております。

そして、今年もp.boxとして皆様のお役に立てる良い仕事が出来ますように、
ますます精進してまいりたいと存じます。
今年もたくさんの出会いがあることを期待してワクワクの仕事始めです。



ルアンパバーンのホテルにて

カテゴリ:
1223-2
12月12日から2泊4日でラオスの古都ルアンパバーンに行ってきました。
4日間が不定期休の娘が取れるギリギリのお休みでした。
結婚が決まって「最後の母娘旅行!」と宣言されまして。
ツアーで申し込みましたが、ふたを開けるとまたしても私達ふたりだけ、
なぜそう思ったのか、のんびりゆっくりスケッチも出来る気がして
スケッチブック小さいのと水彩のパレットまで持っていったのですが、
実質二日間のツアーはあれもこれもの盛りだくさんの大忙しで
スケッチの余裕はまるでなし。
唯一ラオスについた翌日の早朝、ホテルの部屋のベランダが気持ち良くて
そこから見えるバナナの木を描きました。
雨季で比較的過ごしやすい気候でしたが、
そんなルアンパバーンの空気が描けた気がします。
1514012460821
入れませんでしたけど、プールやらが点在している落ち着いた素敵なお庭があるホテルで
快適でした。
で、このスケッチを描いている私を娘がスマホで撮ってくれてました。
1514012535584




このページのトップヘ

見出し画像
×