9月になったのですね

カテゴリ:


0907-3
「残暑厳しいどこかの街」ってカンジですが、
2015年3月旅行したカンボジア(アンコールワットのある都市)シェムリアップの風景です。
以前一度描きましたが(2015年10月5日)
なんだかコテコテになってしまい、あの街の、雑然とした南国の明るさが感じられず、
どうも気に入らなかったので、写真を見ながらではあるけど
「細かいことは気にしない、架空の街でもいいじゃないか!」っくらいの気持ちで描き始めました。
けれど後半にはやはり、パースラインや遠近感の乱れに、心は乱れるんですよね~。
で、ちょっといじりすぎてしまったところも何ヶ所かあります。
写真には写ってない「人」をパラパラ追加したら、ちょっと楽しいカンジになって良かったけど、
なんだかレゴブロックで作ったような「人」になってしまった~、あちゃちゃ。

<ランプライト F4ブロック>



しばらく仕事仕事仕事~でスケッチをする余裕もありませんでしたが、
仕事が忙しいのは、身体はきつくても生業として好きでやり続けている事、
なんら苦労はありません。
依頼してくださった方に喜んでもいただいており、励みになっています。
が、私の仕事のホームページ作品集に作品を揚げたことに対するクレームがあり、
仕事に対する私の考え、私の立ち位置、お客さんとの信頼関係・相互理解を構築する努力、
について、深く考えるきっかけになりました。
その間に小学校時代の友人を見送ったことから、還暦まぢかのこの年になって
「友達ってなんなのだろう‥」ということも考え続けていました。
数か月間地中に潜っていましたが、「今年の夏は暑かった」と言える予感の、
少し涼しい今日です。

“花に嵐の例えもあるさ、さよならだけが人生だ”   井伏鱒二、でしたかねぇ。




上越高田蓮まつりの蓮

カテゴリ:
0725-1
ちょっと気持ちが疲れると上越市の先輩に会いたくなってしまいます。
土曜日電話したら
やはりご夫婦で「今高田城址公園の蓮を描いてる」とのことで、
「アタシ、明日、行っていいですか?!。」
で翌日の日曜日車でブーンと行ってきました。
最近の気分を反映して、行くと決めてもまだノブユキ(犬)連れて行こうかとか、
もたもたぐずぐずしていて、結局高田城址公園に着いたのは昼間際でした。
3人でおいしいお寿司を食べたあと、
午後先輩とふたりで公園の木陰でスケッチしました。
最近買った「ウォーターフォード」という紙のF8サイズブロックを持っていったのですが、
私のスケッチの師匠ともいうべき先輩の傍でなら何とかなるかもと、初めて使ってみました。
すごく良い紙でびっくりしました。
素直で発色が良くて‥。ランプライトという紙となかなか仲良くなれないでいたので
ストレスなく描けました。

ですが、出来はストレスがないからどうのってことではないようです(^^ゞ。

暑いし、時間もそうないし、紙はでっかいし、、、
下書きも線3本くらいしか書かず、「ちょっとこの初めての紙で試し書き~」のつもりで。
蓮の花のスケッチを真剣にしているふりをしながら、背後の先輩とずっとお喋りしていて、、
きっと気づかれてしまったでしょうね。
会ったそばから私に持たせるお土産の「上越市の酒」のことばかり気にしてくださる
ご夫婦でした!。
「私はスケッチに来たの~~!。」なんて、どんなに言っても、全てお見通しかと
随分気持ちが楽~になって帰って来ました。
いつもありがとうございます山本ご夫妻さま♡。




だって、しろたえぎくが

カテゴリ:
0626-1
昨日‥

仕事してました、もちろん土曜日も。

「あーーー、もうたまらん!!。」と叫んで庭で描きました。

我が家の庭、
ガーデン『ネコノヒタイ』、、、、なんちゃって。


「しろたえぎく」が呼ぶんですよ~、

「黄色い花が咲いたよ、描いて描いて♡」って(^^ゞ。

で、1時間で終了して、
それでも気分はかなり回復、爽快!。

「今日はここまで。」と言いながら夕方
結局仕上げてしまった‥。

こんな感じです。
0626-3

「しろたえぎく」と甕に植え替えた「ラベンダーセージ」を描きたいと思いました。


今年のバラ

カテゴリ:
今年もきれいに咲いてくれました。
庭のピエール・ド・ロンサール。

0529-5
0529-3

いつもエスキスを描くペラペラのコピー用紙のような一応スケッチブックに
ボールペンでスケッチ、水彩で軽く色つけました。
庭に簡易イーゼル出して。
土曜日に描いたのになぜか日にちが30となってる、、??ぼけたか自分‥。

ノブユキそして娘が描いた小豆と大豆

カテゴリ:
0529-1
我が家のお犬様、ノブユキさん。
日本スピッツとチワワのMIXですが、体の色は真っ白ろろ~です。
この「真っ白」にびびり、なかなか水彩で描けませんでした。
気が向くまま、下書きもせず「えいやっ!」と。

ま、撃沈ですね‥。

がまぁ、いろいろ分かりました、、、
物体にはそれが白色であっても必ず影はあるということ。
その色が見つけられずに右往左往しましたが、
次はちゃんと形をとってから描こうと思います。
『ノブユキさんの顔は
「まっしろいところにまっ黒のまるが3個」で「とってもかわいい~♡」』
という強力な思い込みがあって、
ただそれだけで描いたようなものです。
ま、楽しく描ければそれでいいのですけど!。

そして最近、
娘が飼っている猫さんたちを描いてはラインで画像を送ってきます。
仕事はとても忙しく、不定期の休みにもぼんやりのんびり過ごすことも難しいと思うのに、
たまたま小さいスケッチブックとクレヨン?を見つけて買ったからと。

で、送られてきた絵を見て私は大爆笑~~、
絵の上手い下手、笑える笑えない、ではなく、
以前私が娘から頼まれて描いた同じ小豆(あづき--猫の名前)の絵に
なんだか良く似てるんですよ~~。
だって、その絵は娘に大大大不評で、ものすご~いブーイングが却ってきたわけですよ。
もっとポップでキュートに描けと。

0528-1
ポップでキュートに(^◇^)。

0528-2
ポップでキュートに。(しつこいか(^-^;)


動いてしまうのでスマホで撮って、それを見て描いたそうです。
0528-3
小豆
0528-4
大豆


下の画像が以前わたしが描いたもの。
「こわい」「こんなに不細工じゃない!」…さんざんでしたが。

DNAを感じますなあ~(^^ゞ

0317-1

どうでもいいと言ってる真田信幸もとい北村ノブユキ。
0528-5



このページのトップヘ

見出し画像
×