かわいこぶってる猫

カテゴリ:
0709

娘たちが飼ってる猫の「にゃむ」君♂
スマホのほぼ日アプリ「ドコノコ」の小さい写真を見ながら描いてみました。

この子は瀕死の状態で山の中に放置されていたのを8年前T君が拾って
手厚く育てられた野生の残る仔なんです。
T君のことが大好き♡なんだそう。

それをね~、描くことは「ぜひ!」と許可を得たものの、

‥‥
たぶんね~


また親子間の炎上でしょうね~~~(^^ゞ

おこるな娘、
私的には十分「かわいく」描けたつもりなんだよ~~~。

<ランプライト F4ブロック>

ダイちゃん

カテゴリ:
娘が飼っている猫です。
0606-4


ほぼ日の「ドコノコ」アプリを、先月東京で会った時娘にスマホに入れてもらい
しょっちゅう娘達の3匹の猫を見ているのですが、
(もちろん我が家の愚犬ノブユキも投稿してます(^^ゞ)
黒猫の大豆(ダイズ)君の写真がイカしてたので描いてみました。
本当は、真っ黒でシルエットを描けば終わり~でラクチンそう!と思ったからではありますが、

ま、
精進が足りません!、ということで。
0606-3
次はしましまのニャム君いこうかな~(^◇^)

<ランプライト F4ブロック>


薔薇はバラは~(^^♪

カテゴリ:
庭のバラ、ピエール・ド・ロンサールですが、今年もきれいに咲いてくれました。
切り花にして室内で描いてみました、先週末。
0606-6
この清楚な美しさをどうやったら表現できるんだろう?
ってより、
「‥どうやったらバラに見えるんだろう!。」ってカンジですね(^^ゞ

一枚目
0606-1
う~~ん。

二枚目
0606-2
少しは捉えられたかと思ったんだけど、、いやいや、う~~ん。。。

0606-5

それでもバラの花に囲まれて幸せな気分の週末でした。

「国展」と「ミュシャ展」を観に

カテゴリ:
0510
今月10日、国立新美術館に出向いて『国展』と『ミュシャ展』観てきました。

女子美術大学の1年生時、私は大学隣の寮に入っていて、
4人部屋のお部屋のひとつ上の先輩が、
その後米国在住となって今までなかなか会えなかったのですが、
最近になって、毎年出展している『国展』に合わせて帰国していることをFacebookで知り、
是非会いたいと思い連絡を取り合って、この日会場で会う約束になっていました。

私はFacebookでその先輩千恵さんの最近を見ていたので、すぐわかったのですが、
なぜか千恵さんは私が手を振っても近づいても反応せず、、、
隣にいた私の娘を見てようやく今日会う約束の私とわかったそうで。。。
ショックでしたねえ、たかだか25年ぶりですよ~。
ですが、去年の「さんにんよれば展」で数十年ぶりに会った昔の職場の先輩にも
「ところでトミコはどこ?。」と、本人目の前にして言われたし、
その話をした何年かぶりに会う後輩にも
「そういえば私もさっき登美子さんわかりませんでした。」と追い打ちをかけられました。
ネット上に写真を出すのにものすごく抵抗があった自分ですが、
やはり現実を晒しておかないと、結局自分に跳ね返ってくるな~~と悟った次第です。

しかし、女子美の寮で過ごした1年間は今思うと本当に楽しく、思い出深いものでした。
見るもの聞くもの初めてのことばかりだったし。
4年生の日本画専攻のHさん先輩と、2年生の工芸専攻の千恵さん、で新入生二人は
洋画専攻Sちゃんとデザイン専攻の私。
千恵さんは朝早くから学校の門が閉まるギリギリまでずーーと実技に明け暮れていて、本当にすごいなあと思いましたね、勉強とはこういう風にするものか!と。
千恵さんの朝ごはん夕ご飯をとり置くために、私とSちゃんは毎日タッパー抱えて食堂に行ってました(#^^#)。
寮に帰ってからも深夜まで糸を紡いだり、糸を染める準備の紐で糸をくくることとか、
デザインを考えてスケッチしたりと、一日のすべてを制作に費やしていました。
そして私たちの面倒もとてもよく見てくれる、ひとつ上だけとは到底思えない、優しいお姉さんでしたねぇ。
私は当時からずっと千恵さんの端正で深い図案の織物が大好きです。
今回の作品もすごく好きです、国展では写真撮影が自由とのことで、作品の前で写真撮らせてもらえて良かった。

『国展』を観たのは初めてで、国立新美術館の1階から3階を使い工芸・彫塑・洋画・日本画‥
一通り見るだけでも見応えたっぷりでした。
同じ国立新美術館でやってる『ミュシャ展』は平日の水曜日その上雨!でしたので
比較的スムーズに観ることができました。
ひとつの部屋だけ撮影可でした。
0510-3

その後、六本木周辺をぶらぶらしいろいろ見たかったところをチェックして、
歩き疲れて入ったお店のパンケーキセット。
この日の唯一の手帳スケッチです。コーヒーが美味しかった。
0510-2


5月らしいスケッチ

カテゴリ:
0518
先週、仕事上の待ち合わせ場所で。
久しぶりの東御市だったので
少し早めに着いたらスケッチしようと準備していきました。
東御市体育駐車場、奥の方の弓道場前から
林のようにこんもりした木立をスケッチしました。
(SMスケッチブック)

0521-2
これは日陰の庭に今は盛りに今年も咲いたシャガ。
母が亡くなった年の春、
このシャガをお義姉さんがきれいだねと言ったのをきっかけに
両手に抱えるほど持って実家の仏間に入った時、
母が喜んでいる気配を感じました。
どういったらいいのか表現できない感覚でした、
パァっと仏間全体が輝くような、
母の「まあ!きれいだねえ、うれしいよ。」が、
言葉を介さず私の体に入り込むような。
不思議な感覚だったけど、私も母を近くに感じてうれしかったです。
こういう体験は娘と二人の時を含めて前後何度かしました。

シャガの薄紫色は母によく似ています。
今年は描けてよかった。
(SMスケッチブック)

このページのトップヘ

見出し画像
×