さんにんよれば展

カテゴリ:
さんにんよれば展ハガキ

いよいよ明日からです(告知遅すぎ?)。

去年の夏頃からなんとなく話が出て、今年の春に決まりギャラリーを予約しました。
私はこのブログにアップした水彩スケッチ画12点を展示します。
春から仕事が多忙を極め、スケッチの新作が描けませんでした‥。
このブログの画面で見るのとまた違った感覚で、
実際の絵をご覧いただくのもいいと思います(^^ゞ。

あとのお二人も日常の中で切り離すことなく淡々と創作を続けている方々で、
見応えたっぷりです。
小林さんのアクセサリーは女性に大人気なんですよ!。
(売り切れ必至、売り切れ御免)

ギャラリーのある須坂の街も素敵な街です。
散策して回れる美術館もいくつもあります。

秋の一日を楽しみながら、ギャラリーをのぞいていただけましたら
うれしいです。
案内

最近の手帳スケッチ

カテゴリ:
そもそも、この『徒然絵日記』は
9年前、建築パース屋である私の仕事上のホームページを作った際、
頻繁に更新することのないホームページは検索にも引っかからず、誰も見ない‥
と聞き、更新が頻繁に出来ることを期待してm(_ _)m
作ったコンテンツなのであります。

「メモ帳」を使って毎回ちまちま作るのがメンドクサイ、と
8年目にしてようやくブログに移行したわけですが、
ブログにして気づいたことっていうか、知らされたことが、

「手帳スケッチ」で検索してる方がまぁ多いこと!。
自分の超テキトーな描きなぐりメモのような画像が、
「手帳スケッチ画像一覧」に混ざって載っているのを見た時は


ひきました、、、まじで。


手帳スケッチでこんな適当に描いてる人いません、、。

ですが、まあ仕方ないでしょう、
もうやるっかない!(意味不明~)。

1008-1
これは先月知人に誘われて、白馬大雪渓まで小1時間のトレッキングをした時のもの。
白馬尻小屋前のテラスのようなところで休憩している人達。
いつもは残っている雪渓が今年(?)はなくて、危ないので
登山道としては封鎖されているということです。
1008-2
赤いシャツのモダンな紳士は、いつも山登りやトレッキングに誘ってくれる方で、
私の友人のお知り合い。

なぜか3人とも、ごく簡単な、スニーカーでも行けるトレッキングをイメージしていて
けっこう大変な沢道を登りながら、
「そうそう、ここだ、ここ登ったんだった‥。」

30年前、20代の終わりに、白馬岳に1泊2日で登ったことを、
まさにこの道を、大きなリュックを背負って一歩一歩登ったことを思い出しました。
時すでに遅し。

湿度もあって汗だくでようやくこの白馬尻小屋まで着き、
テラスの椅子で各自持参のお昼食べながらぼーーっとしてたら、
この同行の紳士が「今日はスケッチしなくていいのかね?。」と聞いてくれたので
あわてて「ほぼ日手帳」取り出して描きました。
1008-3
その後ふもとの駐車場に戻り、帰りはどこを通って帰ろうか、という話になり、
友人が『美麻カフェ』でコーヒー飲みたいと言うので、寄ることになりました。
実は3人とも初めてのお店で、ケータイのナビに助けられました。
ちょうどカフェの前の広大なそば畑の花が満開で、いつもは通り過ぎてしまう美麻村に
こんな素晴らしいところがあったのかと。
なんだか長野の田舎とは思えない(友人はドイツのようだと‥)風景でした。

カフェのコーヒーとケーキは最高に美味しかった!。
友人達はチョコレートケーキ、私はブルーベリータルト。
コーヒーも売っていたので挽いてもらって買って帰りました。
家に帰ってもまだずっと、すっごく良い香りがしてましたよ。
1008-4
そしてこの左側ページは
スーパーで見かけて、その形と色にひきよせられて思わず買ったバターナッツかぼちゃ。
結局手帳にスケッチだけでお腹に入ってしまいました。
おそるおそるあっさり味で煮つけましたけど、
味はお菓子やポタージュにいいのかな?って感じでした。

さてあとは、犬のノブユキを描けるようになりたくて、
夜、お互いにぼーっとしてる時に、落書きをしてます。
かわいいお顔の時もあるのですが、ご飯を食べる時の一瞬だったりするので、
だいたいが性格の悪い顔をしています(^^ゞ。
1008-5
1008-6
1008-7
1008-8
右下はノブユキ(犬)の食事ではなく、私が昼に友人と食べたラーメンとギョーザです。
念のため。


9月になったのですね

カテゴリ:


0907-3
「残暑厳しいどこかの街」ってカンジですが、
2015年3月旅行したカンボジア(アンコールワットのある都市)シェムリアップの風景です。
以前一度描きましたが(2015年10月5日)
なんだかコテコテになってしまい、あの街の、雑然とした南国の明るさが感じられず、
どうも気に入らなかったので、写真を見ながらではあるけど
「細かいことは気にしない、架空の街でもいいじゃないか!」っくらいの気持ちで描き始めました。
けれど後半にはやはり、パースラインや遠近感の乱れに、心は乱れるんですよね~。
で、ちょっといじりすぎてしまったところも何ヶ所かあります。
写真には写ってない「人」をパラパラ追加したら、ちょっと楽しいカンジになって良かったけど、
なんだかレゴブロックで作ったような「人」になってしまった~、あちゃちゃ。

<ランプライト F4ブロック>



しばらく仕事仕事仕事~でスケッチをする余裕もありませんでしたが、
仕事が忙しいのは、身体はきつくても生業として好きでやり続けている事、
なんら苦労はありません。
依頼してくださった方に喜んでもいただいており、励みになっています。
が、私の仕事のホームページ作品集に作品を揚げたことに対するクレームがあり、
仕事に対する私の考え、私の立ち位置、お客さんとの信頼関係・相互理解を構築する努力、
について、深く考えるきっかけになりました。
その間に小学校時代の友人を見送ったことから、還暦まぢかのこの年になって
「友達ってなんなのだろう‥」ということも考え続けていました。
数か月間地中に潜っていましたが、「今年の夏は暑かった」と言える予感の、
少し涼しい今日です。

“花に嵐の例えもあるさ、さよならだけが人生だ”   井伏鱒二、でしたかねぇ。




上越高田蓮まつりの蓮

カテゴリ:
0725-1
ちょっと気持ちが疲れると上越市の先輩に会いたくなってしまいます。
土曜日電話したら
やはりご夫婦で「今高田城址公園の蓮を描いてる」とのことで、
「アタシ、明日、行っていいですか?!。」
で翌日の日曜日車でブーンと行ってきました。
最近の気分を反映して、行くと決めてもまだノブユキ(犬)連れて行こうかとか、
もたもたぐずぐずしていて、結局高田城址公園に着いたのは昼間際でした。
3人でおいしいお寿司を食べたあと、
午後先輩とふたりで公園の木陰でスケッチしました。
最近買った「ウォーターフォード」という紙のF8サイズブロックを持っていったのですが、
私のスケッチの師匠ともいうべき先輩の傍でなら何とかなるかもと、初めて使ってみました。
すごく良い紙でびっくりしました。
素直で発色が良くて‥。ランプライトという紙となかなか仲良くなれないでいたので
ストレスなく描けました。

ですが、出来はストレスがないからどうのってことではないようです(^^ゞ。

暑いし、時間もそうないし、紙はでっかいし、、、
下書きも線3本くらいしか書かず、「ちょっとこの初めての紙で試し書き~」のつもりで。
蓮の花のスケッチを真剣にしているふりをしながら、背後の先輩とずっとお喋りしていて、、
きっと気づかれてしまったでしょうね。
会ったそばから私に持たせるお土産の「上越市の酒」のことばかり気にしてくださる
ご夫婦でした!。
「私はスケッチに来たの~~!。」なんて、どんなに言っても、全てお見通しかと
随分気持ちが楽~になって帰って来ました。
いつもありがとうございます山本ご夫妻さま♡。




だって、しろたえぎくが

カテゴリ:
0626-1
昨日‥

仕事してました、もちろん土曜日も。

「あーーー、もうたまらん!!。」と叫んで庭で描きました。

我が家の庭、
ガーデン『ネコノヒタイ』、、、、なんちゃって。


「しろたえぎく」が呼ぶんですよ~、

「黄色い花が咲いたよ、描いて描いて♡」って(^^ゞ。

で、1時間で終了して、
それでも気分はかなり回復、爽快!。

「今日はここまで。」と言いながら夕方
結局仕上げてしまった‥。

こんな感じです。
0626-3

「しろたえぎく」と甕に植え替えた「ラベンダーセージ」を描きたいと思いました。


このページのトップヘ

見出し画像
×