アーカイブ

2015年12月

申年の

カテゴリ:
昨日ようやく年賀状を投函して、ちょっとほっとしました。
年々何かに追われると億劫に感じるようになっている気がします。
それでちょっと「解放された」感。
今進行中の仕事はどれも年をまたいでのもので、
残りの年内営業日にすべきことをしておけば大丈夫なので
時間に追われることはありません。
今年は30日には大掃除ができそうです、あぁうれしい。

仕事用にホームページを作ったのが2007年で、
そのころからの年賀状は『徒然絵日記』に載せてましたが
そういえば、来年の干支「申」の絵は載せてないなと思いついて
探してみました。

ひとまわり(12年)前、2004年の申年年賀状でございます。
1224-1
卵の殻にマンドリルという猿をリキテックスで描いて、
それを写真に撮ったのですが、それをまた卵型に切り取る羽目になり、
「バカじゃないか?アタシ‥。」と内心思いつつアタフタやってると、
娘がニヤニヤニヤニヤ小声でささやくのです、
「卵に描かなくてもよかったんじゃないのぉ~ママ~?。」
毎年年末はそんなこんなのどたばたが恒例でしたが、
今はそれをひとりでやってるわけですね。

今年も茶臼山動物園におサルさんのスケッチに行き、
はしっこく動き回るおサルさん達にふりまわされて、あきらめて
家に帰って、娘が過去に同じ場所で撮った写真を見ながら何枚か描き、
描いたはいいけど、今度はその中からどれを選んだら良いか迷ってしまいました。
こういう時、娘がいてくれたら案外鶴の一声になるんですけどねー。

そんなわけで、今年描いたおサルさんです。
描いた逆順番に載せてみます。
さてさて、私はどの絵を来年の年賀状に使ったでしょうか?。
1226-1
1226-2
1226-3
1226-4


西軽井沢

カテゴリ:
1211

先週金曜日、仕事の打ち合わせのために御代田町まで行きました。
軽井沢の手前ですね。
国道沿いの「ローソン西軽井沢店」駐車場で待ち合わせて、
近くの現場を見に行きました。
あいにくの雨で、「“晴れ女”ではなかった‥。」とあっさり前言撤回。

待ち合わせ場所には20分前に着いてしまい、
出がけに時間調整用に文庫本にするかスケッチ道具にするか迷った
小さいスケッチブックを取り出して、

時間も20分しかないし、

国道はさんだ向こう側に、すすきの立ち枯れがきれいになびいていて
きれいだなあと思ったので、車の中でそれを描くことにしました。
水がもう入ってないような水筆で下書きもせず色だけで描いたのですが
週末見返したら、これはないだろう!と。
ボールペンですすきのカンジを描き足してたら、
ら、、、、こうなりました。

<Muse kenaf paper SMサイズ 水彩絵の具 0.7mmと0.5mmのボールペン>






朝のキッチン


1202-2
キッチンに野菜果物をゴロゴロと置いてみました、
すべて偽物ですけど‥。
手前からジャガイモ、ミカン。これ娘が中学生の頃、美術の授業で作ったもの。
その奥いちじく、ガチャポンでゲットしたにせもの~。
で、一目で「つくりもの」のカボチャ。

これは日曜日に、女子美同窓会長野県支部のワークショップで
「臨床美術」の体験として私が作ったものです。

同窓生の篠原佳代さんがこの臨床美術士の資格を持っていて、講師をしてくれました。
講師の説明によると
「独自のアートプログラムに沿った創作活動を通じて、認知症の症状改善を目的として
開発されました。臨床美術士が一人ひとり参加者にそった働きかけをすることで、
その人の意欲と潜在能力を引き出していきます。」というもの、ざっと要約。
美術とは無縁の友人も誘って、上田市のサントミューゼ美術館の第一会議室にて
午前中2時間、テーマを変えて午後2時間、体験してきました。

この会場を選んでおさえてくれた事務局の方に感謝。
私はこの美術館自体初めて入りましたが
個別に使用できる「会議室」が円弧をえがく建物の廊下と中庭の間に点在する形で、
とても良かった。
開放的であり外とつながりながら、しっかり閉ざされて集中できる空間でした。

話があっちゃこっちゃになってますが、
新聞紙でカボチャを作るというテーマで、
実際のカボチャを一人ひとつ持ち、触ったりたたいたり、匂いを嗅いだり、
放り投げて重さを感じたり、
事務局小林さんが食べられるようにしてきてくれたものを、食べて味わったり、
をしながら、講師の篠原さんに言われるまま
新聞紙丸めて紙テープでとめて、その上に和紙をちぎったものを
「やまとのり」たっぷりつけながら貼り付けました。
たぶんどの人にも難しい作業はありません。
小学生の男の子達も来ていましたが、皆それぞれに、すばらしくおいしそうなカボチャになって、
びっくりしながら大喜び。

この「臨床美術」とは、作品として良いとか、下手とか上手いとかは一切関係ありません。
逆に評価のようなことは、してはいけないこと、
講師は良いところを見つけて褒める、ということでした。
私も中学の頃の夢は「そんな美術の先生になりたい‥」でしたので、
うれしくなってしまいました。
1203-1
ヤヤッ!これはなんだ?なにものだ?、食えるのか?、食っていいのか?。
by ノブユキ(犬)
1203-3
やまとのりが乾いてなかったので、その匂いがしたのでしょうね、
今はパリッパリに乾いて持つとすっごく軽いです。

そして午後はメンバーも入れ替わり
「オイルパステルを使ってさつまいもを描く」ことをしました。

まずオイルパステルになれるために
講師の篠原さんが実際に描いてみせながら「さっきお昼ご飯食べたときの気持ち」
をどんどん描いてみましょうと。
出来上がると抽象画のようにも見えます。
「ぜひおうちで飾ってみてください。」と言われたので、
キッチンの窓近くに置いてた額に入れてみました。
自分、抽象画など描けるはずがないと確信に近く思い込んでましたが、
「あっら~、いいんじゃないのぉ?。」で、気分もさわやかな朝となりました。
1203-2
で、本題のおいもさん。
濃いグレーの「馬糞紙」というざらざらした風合いの紙に、
まずオイルパステル16色から中身の色を自由に2色選んで色を塗り、
その後3色選んで外側の色を塗りました。
講師がやってみせて、我々はただ言われたように
五感を働かせて、芋をなでたり匂いを嗅いだり食べたりして、
思ったように色を塗るのみです。
そして芋の形に好きに切り抜いて、好きな色の紙に自由に配置(デザイン)しました。
サインを入れて完成。
皆、選んだ色はバラバラで、形もまちまちなのに、出来上がった絵はまさしく「さつまいも」!。
それぞれの、おいしそうな「さつまいも」の絵ができてました~。
1203-4
この「臨床美術」は認知症対策だけでなく、たくさんの可能性があると思います。
私も、美術で社会の役にたてることができればいいなあと考える今日この頃です。

このページのトップヘ

見出し画像
×