カテゴリ

カテゴリ:手帳スケッチ

手帳スケッチ--お食事編

カテゴリ:
お食事スケッチはたまにアップしてましたが、載せてなかったものと
最近のものです。
l-6
丸子町の人気道の駅『あさつゆ』。手打ちうどん。
l-5
戸隠のお蕎麦屋さん。
l-4
おやきと野菜総菜の店『ふきっこ』の日替わりランチ。
l-3
松栄寿司』海鮮丼セット。
l-2
上野駅構内のレストランで食べたとんかつ。
l-1
信濃町のイタリアンレストラン『NICOLI』。
友人と二人分。
サラダとスープはバイキング形式。

手帳スケッチ

カテゴリ:
6月も半ばに差し掛かりました、今年も半分は過ぎたってことですね。
上半期を総括するって程のものでもないですが、
ほとんど落書き帖のように使っている『ほぼ日手帳』のスケッチを
少しまとめておこうかな、と思います。

友人とのランチ、頂き物のお菓子、頂き物のお酒と
ジャンル分けしました。
建物や室内スケッチはこれだけだったので、まずは1枚目で。
0612
上田市の『Book&Cafe NOBO』
民家を古書店とカフェにしてて、とても雰囲気が良かったです。
上田市に住んでいる友人が、映画鑑賞のあと連れて行ってくれて、
階段上がって、2階のキャットウォークのような席で二人並んで座り、
吹き抜けの階下を見ながらお茶を飲みました(焼き菓子も(^^ゞ)。
いろいろ盛沢山の店内ですが、メモしておきたい雰囲気だったので
思わずボールペンをとりました。
後日家で色を付けたのですが、スケッチの動機は中央下の黒い縦線
これはピーエス社製の温水暖房機ですが、これを描きたいと思いました。
この暖房機は風や音を出さず部屋全体を暖めます。
ですからこういった吹き抜けのある大きい空間も均一に暖めることが出来、
室内環境がとても良くなります。
そしてそのデザインは北欧発祥由来で、単純であるが故とても美しいです。
実は私が大学出て最初に勤めた会社で、私は広報担当の社長室勤務でした。
そんなこともあり、ピーエスの暖房機がある建物には、
思い入れが半端なくなる癖が私にはあるようです。

縄文に魅せられる

カテゴリ:
0325-1

最近、歴史年表をようやくまじまじ眺められるようになりました。
私は子供のころから歴史に一切の興味を持ってきませんでした。
自分の想像力が、自分の見たことない世界を受け付けない体質、なんだと思っていました。
中学生の時、試験管の中に霧状のものが出来て「これが雲の正体」と教わった時は、
目の前が晴れ晴れしたことを覚えています。
そういったことが楽しくて理科大好き少女で、社会科は私の頭には一片もありませんでした。
ですから紀元前の『縄文・弥生時代』に思いを馳せる…だなんて、自分でもビックリしています。

事の始まりは、パースの仕事で現場を見るために御代田町まで行ったおり、
ふと「浅間縄文ミュージアム」が目に入り、
せっかく遠出したのだから見て帰ろうと思ったのですね。
そしたらそれが素晴らしかった!。
特に、初めてあんなにたくさんの縄文土器をすぐ目の前で見て、
その迫力にぞわぞわぞわ~っと、まさに鳥肌立つ感覚を覚えました。

縄文土器は逞しく、自由で楽しく、それが圧倒的な造形美となって現代の私を感動させます。
いやはや何という力強い美しさ!!。

それらの土器を眺めるうちに、これを作った人達をすごく近くに感じるように、
自分の意識が変わった気がしました。
自分の知っている昔の人は祖父母までで、その先のご先祖様を感じることはありませんでしたが、
その先にこの人達がいるのだなあと、すべての繋がりがすごく自然に受け入れられたのです。

これが昨年12月のことなのですが、その時ミュージアムショップで「ガチャポン」をしたかったのに小銭がなく、両替を頼める職員の方も見当たらず(つまり平日はかなり閑散としているようです)、あきらめて帰ってきました。
今年になって、たまたまそのミュージアムの近くを車で走っているという友人と話していた時、
「絶対良いから是非見て!」と勧め、「ついでにガチャ、買ってきて~~」と頼んだのですね。

この手帳スケッチはその頼んだ戦利品。壺の方は弥生式土器です。
しかしこのガチャポンのレプリカ、完成度すごいですよね!、
ま、欲しくてたまらなかったってこともありますが、超かわいい~~(^^)/
で、こうして手帳にスケッチまでしてしまいました。

好きなもの置いてる棚に飾ってます。
0325-2
0325-3
壺が高さ5㎝、「仮面の女神」は高さ6.5㎝です。

内容がいっきに「ガチャポン」になってしまいましたが、

私の意識がすっかり変わったことのひとつは、
"縄文人は今の人間とさほど変わりはない
現代に縄文人がやってきたら、スマホに驚くかもしれないが、
その使い方を覚えて、同じように使いこなすだろう”
ということです。

1万年の間、平均寿命約30年といいますから、何代も何代も
気が遠くなるくらい何代も何代も、同じように木の実を食べ狩猟し、
土器を作っていたのですね。
私は自分の人生でたぶん5代あたりまでしか見ることは出来ないですけど、
ここ最近50年の、人の生活の変わりように、その速さに、漠然と危うさを感じていました。
縄文時代と同じように暮らすことはもちろん無理ですけど、
知り、学ぶべきだと思っているこの頃です。


**まったく関係ないですが、最近の手帳スケッチお食事編を少し(^^ゞ**
0325-4
四季彩MIZUNO  和食懐石
0325-5
ブラーノ1階カフェ  タルト&コーヒー
0325-6
カサミンゴー  ピザ&パスタ&サラダ(ランチセット)
0325-7
すきやき(中野市) すき焼き丼セット

このページのトップヘ

見出し画像
×