カテゴリ

カテゴリ:手帳スケッチ

「国展」と「ミュシャ展」を観に

カテゴリ:
0510
今月10日、国立新美術館に出向いて『国展』と『ミュシャ展』観てきました。

女子美術大学の1年生時、私は大学隣の寮に入っていて、
4人部屋のお部屋のひとつ上の先輩が、
その後米国在住となって今までなかなか会えなかったのですが、
最近になって、毎年出展している『国展』に合わせて帰国していることをFacebookで知り、
是非会いたいと思い連絡を取り合って、この日会場で会う約束になっていました。

私はFacebookでその先輩千恵さんの最近を見ていたので、すぐわかったのですが、
なぜか千恵さんは私が手を振っても近づいても反応せず、、、
隣にいた私の娘を見てようやく今日会う約束の私とわかったそうで。。。
ショックでしたねえ、たかだか25年ぶりですよ~。
ですが、去年の「さんにんよれば展」で数十年ぶりに会った昔の職場の先輩にも
「ところでトミコはどこ?。」と、本人目の前にして言われたし、
その話をした何年かぶりに会う後輩にも
「そういえば私もさっき登美子さんわかりませんでした。」と追い打ちをかけられました。
ネット上に写真を出すのにものすごく抵抗があった自分ですが、
やはり現実を晒しておかないと、結局自分に跳ね返ってくるな~~と悟った次第です。

しかし、女子美の寮で過ごした1年間は今思うと本当に楽しく、思い出深いものでした。
見るもの聞くもの初めてのことばかりだったし。
4年生の日本画専攻のHさん先輩と、2年生の工芸専攻の千恵さん、で新入生二人は
洋画専攻Sちゃんとデザイン専攻の私。
千恵さんは朝早くから学校の門が閉まるギリギリまでずーーと実技に明け暮れていて、本当にすごいなあと思いましたね、勉強とはこういう風にするものか!と。
千恵さんの朝ごはん夕ご飯をとり置くために、私とSちゃんは毎日タッパー抱えて食堂に行ってました(#^^#)。
寮に帰ってからも深夜まで糸を紡いだり、糸を染める準備の紐で糸をくくることとか、
デザインを考えてスケッチしたりと、一日のすべてを制作に費やしていました。
そして私たちの面倒もとてもよく見てくれる、ひとつ上だけとは到底思えない、優しいお姉さんでしたねぇ。
私は当時からずっと千恵さんの端正で深い図案の織物が大好きです。
今回の作品もすごく好きです、国展では写真撮影が自由とのことで、作品の前で写真撮らせてもらえて良かった。

『国展』を観たのは初めてで、国立新美術館の1階から3階を使い工芸・彫塑・洋画・日本画‥
一通り見るだけでも見応えたっぷりでした。
同じ国立新美術館でやってる『ミュシャ展』は平日の水曜日その上雨!でしたので
比較的スムーズに観ることができました。
ひとつの部屋だけ撮影可でした。
0510-3

その後、六本木周辺をぶらぶらしいろいろ見たかったところをチェックして、
歩き疲れて入ったお店のパンケーキセット。
この日の唯一の手帳スケッチです。コーヒーが美味しかった。
0510-2


大型連休終わり

カテゴリ:
三分の一くらいは仕事してましたけど。
草取りやらなんやら家のことも気になって
スケッチもしたいあれもしたいこれもしたい


と言って終わりました、今年の大型連休。
皆さま、おおいに羽伸ばされましたでしょうか?。

4日だけは友人と共通の友人の展示会を観に飯山まで。
飯山駅から車で5分という案内をいただいてましたが、
なかなかロケーションの良い場所でした。

その企画展とは、
西沢純一氏の「回文川柳『懐紙に詩歌(かいしにしいか)』展」。
以前から、ことあるごとに回文を紹介してくださっていたので
驚きはしなかったですが、

(実は西沢さん、このブログにも載せた
「夕暮れ時の『猿座カフェ』」を買い上げて下さっていて、
それにも『残影猿座(ざんえいえんざ)』という
素敵な名前を付けて下さっているんです(^^)/)

思った以上に沢山の作品が展示されていて
それもジチネタから最近の旬なニュースネタまで多様で
川柳にまとめるって、そこもすごいですよね
ちょっと私とは脳みその種類が違うんじゃないかと。
「気に入ったのがあったら懐紙か半紙に書きますよ。」と言ってくださるので
私はこれを懐紙に書いてもらいました。
0504-2
この連休は「断捨離するぞ~」と意気込みながら
結局何もできなかったことを今振り返ると、ある意味ぴったり‥。

お昼は同行の友人と木島平のイタリアンに行く予定でしたが、
「飯山のこの辺でおすすめありますか?。」と友人が聞いたところ
ふたりの意見が合って、友人が行きたいと思っていたけど行きつけなかったという
いつも人があふれ、なかなか入れない繁盛店のようだという店に
3人で行くことになりました。

なるほど、時間を少しはずしたけど店の前には4組の待ち人たちが。
でもその景色が気に入ったので私はしばし手帳スケッチ。
0504
「幻のラーメン中華そば」が一押しのようでしたので
それと餃子を3人で二皿、
生中をたのむ友人、残りふたりはノンアルでお付き合い。
ごく普通の食堂の、ごくごく普通のラーメン&餃子と思いましたが、
この混みようはやはりネットの恩恵でしょうか。
こういう田舎の店にも人が溢れるほど入るっていうことに関しては
ネットも悪くないとは思ったりもしました。
空気が澄んで緑がきれいで菜の花が光っていて
楽しいお出かけでした。

もう3月

カテゴリ:
最近立て続けに友人達が電話やメールで、
「おーい、息してますか~~。」
ハハっと笑っちゃいけない、心配させちゃったね、ごめんよ~。
去年の3人展の後からずっと
ありがたいことに仕事の依頼が途切れず、
ずっと気が抜けない状態でした。
というのは、仕事の内容が
①お施主さまとの打ち合わせの為に使うパース
②竣工を控えた完成図としてのパース
③年間を通じてコンスタントに出る案件で、仕上がりは予想でき、
部分部分を部品登録して使いまわすことも可能ではあるけど、
入力作業の絶対時間がかかるパース
と、3種類、私の場合はあるのですが、
これが三つ巴で絡み合って途切れることがなかったので、
落書きの手帳スケッチすら、する気持ちの余裕もなく。
スケッチもしないで、よく持ちこたえたなと思います(^^ゞ。
ようやく一段落して、確定申告もやっつけ、ほっとしていたところだったのでした。
友人らはブログが更新されていないことで心配してくれたのですが、
この「徒然絵日記」に載せられるようなものは全く描いてないのですねー。
唯一「ほぼ日手帳スケッチ」には1月4日に友人と詣でた北向き観音と
別所温泉で食べた天ぷらうどんが。
しかたない、それを載せて
「無事生きております」記事とさせていただきますm(_ _)m。
0311-1
高校時代からの友人と、彼女はすでに善光寺さんに初詣行ったというので、
では善光寺さんとセットで北向き観音もお参りしましょと行ったのですね。
で、描いたのは駐車場から見上げた「愛染桂」、本殿は屋根の一角のみ(^-^;。
帰る間際、駐車場で3分で描きました
(ボールペンで描いて後で家でちゃちゃーっと色乗せました)。

お参りの後、お昼を食べてなかったので別所温泉をうろうろしたのですが、
以前別ルートから来たことがある『アースワークスギャラリー』がぱっと目に入って
とても素敵な器を創って売っているお店なので、
以前買ったカップに合うソーサーが欲しくて、迷わず入りました。
ら、そこの店主夫妻の奥さまは女子美出身の方で、
[さんにんよれば展]を一緒にやった小林郁子さんと交流があることは聞いていたのですが
入ってすぐお互い語らずのうちに「すべて了解!」
なぜかというと
ふたりとも胸に小林さんの作品、フェルトのお花ブローチをしていたので
それをお互い指さしてにっこり。通じちゃいました(^^)/。
そんなちいさなうれしい瞬間に私は
「ジョシビ(女子美術大学)行かせてもらって良かったなぁ」と
両親に感謝したくなるのです。
コートに着けていたブローチの写真を撮ろうとして
ふと思い立って黒色のコート全体を撮ることにしました。
このコートは実は父が若い頃のもので、ほとんど着てなかったものです。
遺品整理で見つかって、なんと私の体形に誂えたようにぴったりだったので
袖丈だけ直して着ているのですが、
このコートに小林さんのブローチがぴったりなんですよ!。右前でやっぱり男っぽいので。0311-2
小林郁子さんの「四弁のお花ブローチ」、やっぱり好きだなあ。
そろそろピンクの「梅の花ブローチ」をつけて出掛けようっと。
は~深呼吸深呼吸。


最近の手帳スケッチ

カテゴリ:
そもそも、この『徒然絵日記』は
9年前、建築パース屋である私の仕事上のホームページを作った際、
頻繁に更新することのないホームページは検索にも引っかからず、誰も見ない‥
と聞き、更新が頻繁に出来ることを期待してm(_ _)m
作ったコンテンツなのであります。

「メモ帳」を使って毎回ちまちま作るのがメンドクサイ、と
8年目にしてようやくブログに移行したわけですが、
ブログにして気づいたことっていうか、知らされたことが、

「手帳スケッチ」で検索してる方がまぁ多いこと!。
自分の超テキトーな描きなぐりメモのような画像が、
「手帳スケッチ画像一覧」に混ざって載っているのを見た時は


ひきました、、、まじで。


手帳スケッチでこんな適当に描いてる人いません、、。

ですが、まあ仕方ないでしょう、
もうやるっかない!(意味不明~)。

1008-1
これは先月知人に誘われて、白馬大雪渓まで小1時間のトレッキングをした時のもの。
白馬尻小屋前のテラスのようなところで休憩している人達。
いつもは残っている雪渓が今年(?)はなくて、危ないので
登山道としては封鎖されているということです。
1008-2
赤いシャツのモダンな紳士は、いつも山登りやトレッキングに誘ってくれる方で、
私の友人のお知り合い。

なぜか3人とも、ごく簡単な、スニーカーでも行けるトレッキングをイメージしていて
けっこう大変な沢道を登りながら、
「そうそう、ここだ、ここ登ったんだった‥。」

30年前、20代の終わりに、白馬岳に1泊2日で登ったことを、
まさにこの道を、大きなリュックを背負って一歩一歩登ったことを思い出しました。
時すでに遅し。

湿度もあって汗だくでようやくこの白馬尻小屋まで着き、
テラスの椅子で各自持参のお昼食べながらぼーーっとしてたら、
この同行の紳士が「今日はスケッチしなくていいのかね?。」と聞いてくれたので
あわてて「ほぼ日手帳」取り出して描きました。
1008-3
その後ふもとの駐車場に戻り、帰りはどこを通って帰ろうか、という話になり、
友人が『美麻カフェ』でコーヒー飲みたいと言うので、寄ることになりました。
実は3人とも初めてのお店で、ケータイのナビに助けられました。
ちょうどカフェの前の広大なそば畑の花が満開で、いつもは通り過ぎてしまう美麻村に
こんな素晴らしいところがあったのかと。
なんだか長野の田舎とは思えない(友人はドイツのようだと‥)風景でした。

カフェのコーヒーとケーキは最高に美味しかった!。
友人達はチョコレートケーキ、私はブルーベリータルト。
コーヒーも売っていたので挽いてもらって買って帰りました。
家に帰ってもまだずっと、すっごく良い香りがしてましたよ。
1008-4
そしてこの左側ページは
スーパーで見かけて、その形と色にひきよせられて思わず買ったバターナッツかぼちゃ。
結局手帳にスケッチだけでお腹に入ってしまいました。
おそるおそるあっさり味で煮つけましたけど、
味はお菓子やポタージュにいいのかな?って感じでした。

さてあとは、犬のノブユキを描けるようになりたくて、
夜、お互いにぼーっとしてる時に、落書きをしてます。
かわいいお顔の時もあるのですが、ご飯を食べる時の一瞬だったりするので、
だいたいが性格の悪い顔をしています(^^ゞ。
1008-5
1008-6
1008-7
1008-8
右下はノブユキ(犬)の食事ではなく、私が昼に友人と食べたラーメンとギョーザです。
念のため。


先月東京へ

カテゴリ:
0515-1
先月20日、社会人になった娘のところにようやく行ってまいりました。
彼女が東京で仕事に就いたら、そのアパートを拠点に「あれもしよう!これもしよう!!」と
完全に妄想を膨らませていたのですが、ま、妄想で終わったわけです、
いろいろ事情がありまして。
で、なかなか出向く機会も作れずにいたのですが、ようやくちょうど観たいと思った水彩画展と
娘の不定期の休みが重なったので、行ける時に行っておこうと思い立ち、
ノブユキ(犬)がいるので日帰りで行ってきました。

で、この<手帳スケッチ☆いつもの「お食事」バージョン>は何なんだってことですが、
左側のページは東大の学食でお昼に食べたもので、
右側ページは、スカイツリーを見学した後そらまちのカフェでいただいたおやつ、です。
0420-1
娘と娘の彼氏(仲良しのボーイフレンドから格上しました)が上野駅まで来てくれて
彼氏のT君は学校があるからそこでわかれると言うので、ならばと、
「アタシ赤門って見たことないのよ~」とついて行ったわけですね~。
困ったオバはんですね~、T君もさぞかし面食らったことでしょう(^^)/。
もう興味深々、こんなことなら下調べしとくんだった‥、
さすがに歴史ある学校だけあって建物も古くて趣がありますが
広いのでさわりだけって感じですね、見たのは。
(上の写真ご興味ある方もいらっしゃるかもしれませんが、
クリックしても残念ながら大きくはなりませんので、ごめんなさい。)
上段左から
・上野駅中央口から出たところの上野公園
・公園でパンダさんに挟まれて若い二人
・三四郎池(東大構内)
中段左から
・赤門にて記念撮影
・東大学食にて--手前のどんぶりものが「赤門丼」400円、微妙に辛くて食べられず、
見かねたT君が食べてくれた。わかっていたのに「名物」を食べたがるオバはん病。
・グレーチングにも「東大」の文字が!。
下段左から
・構内の建物、面白い意匠だったので。
・上野英三郎博士とハチ公の像(ここにこういう像があるとは知らなかった!、
渋谷駅前しか、知らなかった‥。)
・安田講堂前にて記念撮影、高校の修学旅行生など、いくつものグループが写真撮ってました。

とまあ「観光」をさせてもらいまして、次は娘の住まいがスカイツリーの近くであることから
そこは踏破しておかなくてはならないだろうと。娘もまだ上ってはないとのことで、
今回浅草浅草寺はあきらめてスカイツリー観光をしてきました。
一番上までひととおり見学して、下に降りて休憩したのが手帳スケッチの右側です。
0420-2
その後アパートに行き、交代にすり寄ってくる3匹の猫を一匹ずつ抱っこして挨拶をすませ、
次の目的である「日本透明水彩会」の展覧会を観るべく東京駅へ。
丸善4階でその展覧会を観て、娘は今来たところを戻ってそのまま夜勤だというので、
少し早めだけれど食事をしていきなさいと、丸善4階のレストランへ。
ハヤシライスを日本で最初に作った人のお店とかで、
娘の食べた2種類のカマンベールチーズ入りハヤシライスが美味しかったな~。
0515-2
やはり東京、歩く距離が違いますね、日帰りでくたびれ果てました~~。
(と、つい昨日か先週のことのように書くワタクシ、おほほ。)

このページのトップヘ

見出し画像
×