カテゴリ

カテゴリ:旅行

ルアンパバーンのホテルにて

カテゴリ:
1223-2
12月12日から2泊4日でラオスの古都ルアンパバーンに行ってきました。
4日間が不定期休の娘が取れるギリギリのお休みでした。
結婚が決まって「最後の母娘旅行!」と宣言されまして。
ツアーで申し込みましたが、ふたを開けるとまたしても私達ふたりだけ、
なぜそう思ったのか、のんびりゆっくりスケッチも出来る気がして
スケッチブック小さいのと水彩のパレットまで持っていったのですが、
実質二日間のツアーはあれもこれもの盛りだくさんの大忙しで
スケッチの余裕はまるでなし。
唯一ラオスについた翌日の早朝、ホテルの部屋のベランダが気持ち良くて
そこから見えるバナナの木を描きました。
雨季で比較的過ごしやすい気候でしたが、
そんなルアンパバーンの空気が描けた気がします。
1514012460821
入れませんでしたけど、プールやらが点在している落ち着いた素敵なお庭があるホテルで
快適でした。
で、このスケッチを描いている私を娘がスマホで撮ってくれてました。
1514012535584




通天閣の足元、の風景

カテゴリ:

1128
以前エスキスを2カット描いて、
どちらかを水彩画にしようと考えて
通天閣の見える風景ではなく
こちら、通天閣の足元の風景を描くことにしました。

P8サイズのホワイトワトソン
真っ白で素直な紙で、どんどん絵の具を吸収してくれて
下の色も溶け出さず塗り重ねもOK。
だけど、なんだか大きな紙に少しずつ描いてると
『塗り絵』をしてる気分になり、
ふと「何を描きたいんだったっけ?」
で、どう描いてよいのやらわからなくなり、ずっと放置してしまいました。
悩むよりどんどんたっくさーん描くのがいいんでしょうけどね。

ともかく着地。
1128-2
上下をトリミングしてみました。
この方が何が描きたかったが伝わるカンジかな?。


大阪新世界--通天閣のある風景

カテゴリ:
1月大阪旅行の写真からもう一枚描きたいなと。
「スケッチしたいな」と撮った写真は先の『道頓堀』とここ『新世界』。
数年前に娘と旅行したカンボジア・ベトナムの
そこに暮らす人々の醸し出すエネルギーに満ち溢れた街に触れて以来、
「カオスだ~~!」と目が回るような、
元気溢れる、ごちゃごちゃした雑踏にすごく惹かれます。
0921-2
ここは繁華街に入る手前、正面にそそり立つ通天閣。
『よりみち』の看板と
自転車や電線のごちゃごちゃが「ひと昔前」で、おもしろいなと。
0921-4

そしてここは通天閣の足元。そうごちゃごちゃはしてないけど、
この手前の串カツ屋さんの賑わいが醸し出せたらいいなと。

どちらかを水彩画で描きたいと思って描いてみたエスキスです。

さてさて、どちらを描きましょうか。

道頓堀

カテゴリ:
0919
アルシュ 細目 A3サイズブロック

ずっと以前に買ったブロック紙で、
最後の1枚が残っていたのでパネルに水張りして描いたのですが、
紙が「風邪ひいて」いて、
絵の具がきれいに伸びないで、斑点のような染みがポツポツ出るんですよ~~。
あせりました。

が、次の瞬間には
「べつにかまったこっちゃないわ、仕事でもなし、
展覧会に出すわけでもなし…。」で、
逆に、より自由に描けたってゆーか(^^ゞ。

もう一枚、大阪を描きたいかな、描けるかな。



道頓堀スケッチ

カテゴリ:
0816-3
あー、まず
この夏行ったわけでありません、大阪。
恥ずかしながら今年1月末、娘が私の誕生日のお祝いをかねてと
小旅行を計画してくれて、
歴女の娘は「真田」、私は実は今まで行ったことがなかったので
大阪に一泊二日で出かけました。
いろいろ見たいところがあって、写真撮るだけで精一杯、
手帳スケッチすらできませんでしたが
描いてみたいなあという気持ちを温め続けて7か月‥

長野出発の朝6時半は外気温が-3℃でした。
大阪ももちろん長野程ではなかったけど、寒かったですね、
なにせ大寒ですから。

ってか、今頃そんなことくどくど書いてどうするっ!って話ですよね~。

で、まずはぺらぺら紙のスケッチブックにボールペンでエスキス描きました。
ここは道頓堀、スケッチするつもりで写真を撮っておいたのでそれを見ながら。
イメージ通りに描けそうな気がしてきました。
0816
これから
水彩で描いてみたいと思います。


****************ここからは旅行の備忘録です**************
(分厚いコート&セーターで暑苦しいですのでね、ご興味がありましたらどうぞ)


◎一日目
新大阪→天王寺駅
【大阪「夏の陣」幸村の本陣「茶臼山」】から幸村最後の地「安井神社」
新今宮駅→新世界→通天閣(知り合いの大阪出身の人おすすめルート)
【難波クランド花月】私のリクエストこれは外せない!
本日の宿【あまみ温泉『南天苑』】へ
 難波駅より南海高野線「天見駅」1分
 『南天苑』は東京駅の設計で有名な、辰野金吾設計ゆかりの建物。
 娘が過ごした盛岡の岩手銀行も手掛けていて
 私たちはは岩手銀行の建物をとても気に入っている。
 娘の計らいで宿から誕生日サプライズもあり、
 結局私が払うことにはなったけど特別オプション料理があったり、
 ふたりで720mlの冷酒をいただきました。まあまあの味だったかな。

◎二日目
【心斎橋道頓堀を歩き】大阪の元気なおばちゃんに触れたかったけど
聞こえてくるのは外国の言葉ばかり‥あーお隣の国の人なのね~~
【大阪城】
いやー、素晴らしかった、やっぱり実際にこの目で見て
空気を吸ってみないと感じることのできないものを感じた、
スケール感が凄い。
【大阪「冬の陣最大の激戦地「真田丸」】玉造駅~鶴橋駅
帰りの新幹線をずらして、見れる限り歩いてみようで、
玉造稲荷神社→三光神社→産湯稲荷神社→心眼寺→真田丸顕彰碑
大阪
実際その土地を歩いて、「真田太平記」の場面がようやく飲み込めた気がして
私も興奮しました。娘に勧められて全12巻読んだわけで~。
駆け足も駆け足で、たったこれだけの「おいしいとこどり」で、
全てわかったように満足するお手軽親子であります(^^)/~~~。

このページのトップヘ

見出し画像
×