カテゴリ

カテゴリ:雑感

夏の思い出はマリオネット

カテゴリ:
1025-2
手帳の日付は8月23と24日になってますが、実際は8月25日土曜日。
上田市の友人が誘ってくれたコンサートの合間の手帳スケッチです。

ポルトガルギター&マンドリン
マリオネットの音楽を楽しむ会』
~サウダーデのかなたに~
1025-4
会場がなんと、「日本キリスト教会 上田教会」。
外観は瓦屋根の日本家屋。
内部も、会場となった礼拝室は板張りで白を基調としてうす青緑色が配色され
椅子と机で、洋風ではありましたが、
天井は格天井で、いわゆる昭和以前の和洋折衷建築、という感じでした。

暑い日で、夕方からのコンサートも日中の暑気がこもり、ますます暑く、
礼拝室いっぱいの人に、古そうなエアコンが一台…。

「耐えられるだろうか…。」
そう思ったのも束の間、演奏が始まるとその素晴らしい演奏に
もうもう夢中になってしまい、あっという間の2時間でした。

1025-5
『サウダーデ』とは、
ポルトガル語で「帰り来ぬ懐かしきものへの郷愁」だそうで、
(パンフレットによると)
“世界的にも珍しいポルトガルギターとマンドリンのアコースティックユニット
「マリオネット」

その音楽は、
クラッシックでもポップスでもない「マリオネット」という独自のジャンル
初めて聞くのにどこか懐かしいポルトガルギターの音色、
そして心震わすマンドリンのトレモロの響き。
夏の終わりのひととき、マリオネットの音楽とともに
「サウダーデの彼方に」旅してみませんか?”


帰りには早速CDを購入、
そこからは、そのCDをゆっくり聴きたいが為にドライブしたり、
最近は常に頭の中にマリオネットの曲が流れていて
へったくそな、思いっきり簡略化された、おかしな鼻歌歌っている自分に
びっくりしているわけなのであります。
1025-3
娘の婚礼を控えた、過ぎ去った今年の夏は、どうにも忙しく
「夏の思い出」で思い出されるのは、たぶんこのコンサートだけ。
このあとの夕食も友人がとっても美味しいイタリアンの店を予約していてくれて、
最高の日だったのでした。

婚礼の日

カテゴリ:
1006-1
先週の3連休初日、娘たちの結婚式でしたが、
頼まれていたウエルカムボードです。
この写真は娘のお友達がデジタル一眼レフカメラで撮ってくれたもの。

「9月の初めには額装して東京にいる自分たちに送ってほしい」と言われていて、
8月中、あの酷暑の中、仕事の合間をみながら、冷房のあまり効かない部屋で
イーゼルに置いて、汗だくで描きましたよ私は。
1006-2
こちらは姪がスマホで撮って送ってくれたものです。
会場の照明が映り込んで、雰囲気がわかりますかね?

これを描く直前娘たちが飼い始めたハリネズミの“だだちゃ”をはじめ、
飼っている3匹の猫、“にゃむ”・“だいず”・“あずき”、全部入れまして、
ええ、ええ、もうね、ここぞとばかりに「母の愛💛」を押し付けましたわよ。
誰に何と思われようとかまったこっちゃない!と自分の世界に浸りましてね(^^)/

娘は嫌がってましたが、婿殿がホントに穏やかで思いやりの気持ちの深い
よくできた人で、娘と私のバランスをうまくとってくれたようです。
で、無事飾って貰えて、まぁ良かったです(^^ゞ

1006-0
こちらはウエルカムドールのコウモリさんのペア。
コウモリは婿殿が大学の頃からずっと研究対象にしている動物で、娘が選び
なんとこの和装衣装は、婿殿のお母様の手作りです!。
素晴らしかった💛
1006-3
別の姪が撮ってくれた新郎入場時写真に、
たまたまウエルカムボードが映り込んでいました。


1006-4
ついでに二人揃っての入場の時
新婦の色打掛は、二十歳の時の振袖をリメイクしたものです。
あまたの貸衣装どのくらい見ても、
「やっぱり振袖を打掛にしたい」という思いがあったそうで、
よほど手間も時間もお金もかかったと思うのですが、
やはりとても似合っていて、成人式・いとこの結婚式・大学卒業式と
何度も着ているのに、これほど気に入って大事に着て貰えるとは!。
照明が落ちていましたので、さすがにひとしきり、うれし泣きをしましたねぇ。

式はふたりの、今まで出会った方々への感謝の気持ちが、
いたるところに感じられるものでした。
ウエルカムボードを私に描かせてくれたのも、ふたりの思いやりだったのでしょう。
忙しいふたりがよくぞここまで…と思うくらいの手の込んだ手作りのものや、
来てくださった方に、たくさんの感謝の思いを丁寧に込めた仕掛けや演出で
皆様方からも本当にたくさんの祝福をいただきました。

1006-5
新郎はいわゆる日本の最高学府と言われる大学の大学院に現在在籍しているのですが、
普段と全く変わらない、肩ひじ張らない挨拶の連発で
本人の意図するところではなかったでしょうが、いわゆる天然のボケに
会場は終始なごやかな笑い(および爆笑)に満ちてました。
そんなわけで上の写真、新婦母の私、泣き笑いのすっごい顔してます。

さあさあどうなる?

カテゴリ:
先日娘から、
なにを血迷ったか(もしくは、久しぶりのお酒の勢いか)、
「ウェルカムボードの絵、描いてくれない?。」と言われました。
ぎょぎょぎょ~~!、
我々親子はいつでしたか、
“ポップでキュート”の見解の相違から、大バトルしたんでありまして、
私も内心やってあげたい気持ちがないわけではなかったですが、
まぁまぁ、お互いの平和の為にそーっとしておいた案件ですね。

で、娘の言う“ポップでキュート”の参考として、
娘が小学生の頃、実は私が体調崩し10日程入院したことがありまして

その時病室で描いて、毎日顔を見せに来る娘に渡していた絵ハガキのようなものがあるのですが、
そんな感じで描いて欲しいのだと。
0708-1
こんな感じで、“ポップでキュート”に描けと。
「ふ~~~ん」「なるほどね~」

これも、この当時そんなに気に入ってるようには見受けられなかったんですがね~。

これなんか↓思い切り不評だったような…(^o^)/
0708-2

たぶん自分でするのがめんどくさくなってきたんでしょう、
仕事も忙しいし。

「ま、描いてみて、ふたりが気に入れば使えばいいじゃない?。
嫌ならパスで、全然オッケーよー。」

ということにしました。

たぶん(ほとんど確信してますが)、ほぼこんな感じ(上のハガキ絵)で収まる気がしない、
暴走するだろう自分が、既に容易に、想像できます。
そして娘がプンプン「こんなの絶対使わない!」と怒り狂う場面も。

ヒェぇ~~~、、、さぁどうなりますか。


還暦に寄せて

カテゴリ:
一回りしたということですね~、
今日からリスタート
体の細胞が一巡したと、なぜか自分そう思うのですね、
で、とてもさわやかな気分で誕生日を迎えました。

仕事に関しては、これからが真骨頂と考えていますので
まだまだ、まだまだまだまだ引退ではありませんので(^^ゞ
今後のP.BOXにますますご期待くださいませね~。

0131-1

さて誕生日。
昨日おとといと帰省していた娘ですが、
小さい頃から私の誕生日には、さまざまなサプライズをしてくれました。
が今年は本当にビックリしました。
秋に結婚が決まっていまして、その彼とふたりで
『赤い石のついた指輪をプレゼントしてくれましたのよ~。
彼らが結婚指輪を購入したお店のものです。
早速手帳にスケッチ、いや~ニヤニヤが止まらない(*'▽')~。

0131-2

実は、人生ひとまわりしたところで、
徐々に“娑婆からフェードアウト”していこうと考えていたのですね、
ただ妙に揺らいでいました。

そこを裏をかかれたというか…の娘からのバースデーカードでした。
笑えました~。

『さんにんよれば展』を振り返って

カテゴリ:
丁度一年前ということになりますが、、、

昨年11月3日から6日の4日間、須坂市東横町のギャラリーで
女子美同窓会で知り合った山本道子さん小林郁子さんとの作品展
『さんにんよれば展』をさせていただきました。

地元のお祭りと日を重ねた(11月3日墨坂神社えびす講)ので
ギャラリー前道路は歩行者天国、ものすごい賑わいでした。

4日間だけとたかをくくっていましたが、なかなかに密度の濃い時間で
その「濃い時間」を、その後“反芻”して思い出に浸るだけでただ時間が過ぎ
ブログの文章にまとめあげることができませんでした。

そうこうしているうちに日は過ぎ、もうこれは来年までおあずけ!
と下書きのままにしていましたが、おっとアブナイ、忘れるとこでした。

さんにんよれば展
今見ると、写真を撮れなかった方もたくさんいてとても残念!。

外で撮ったのがなかったので、友人が送ってくれた写真をスキャンしました。
さんにんよれば展2
(左)今回も道子さん手書の看板--四国からわざわざ来てくれた大学時代の友人と
(右)須坂の蔵造りの街並み一角のギャラリー--山梨からご夫君と妹さんと来てくれた
昔の職場の先輩と

おかげさまで盛況で三人ともに作品が良く売れ、
私も14作品のうち9作品が縁あってお嫁入りしました。
ありがたいことです。
ほとんどは知人友人ですが、おひとりだけ地元の方でお祭りの中、
ふらりと立ち寄られて観て気に入って下さり、購入してくださいました。


そして昔勤めていた会社の社長が何年かぶりでわざわざ見に来てくれたのですが、
あいにくその日のその時間だけ私は在廊できず不在で、
それが一番大きな作品をお買い上げいただいたと後刻聞き、びっくりしました。
いやはや、ありがたいことです。

私は、その昔になりますが乳飲み子を抱えて離婚をし、
この子との生活の為にパース屋をあきらめ、
9時5時で勤められるこのY社長の会社にお世話になり、7年間設備設計の仕事を教えいただき、
仕事をさせていただきました。
パースの仕事をしたい一心の30半ばの私はきっとかなり扱いにくい従業員だったことでしょう。
実際、社長のやり方に反発もし、良好な主従関係ではなかったと思います。
それが、ひとりで仕事をするようになり自営業として生き延びる厳しさを経験し、
ふと振り返った時、
その会社での7年間のおかげで、娘に寂しい思いをさせることなく
参観日などのイベントには完璧に参加することができ、
心穏やかに娘と向き合って規則正しい生活を送ることができたことに
「なんてありがたいことだったのだろう」と気づきました。
Y社長との出会いに感謝の気持ちでいっぱいになりました。
だから私はお若い方々に、「人生のご縁を大切にしないといけませんよ。」と
口幅ったようですが言わせていただいてます、言わないでいてはいけないと思えてしまうのです。

買い上げて下さった作品は事務所の社長のうしろの壁に飾っていただいています。
ほんと、「恐悦至極でございます~♡」。



このページのトップヘ

見出し画像
×