カテゴリ

カテゴリ:雑感

イノシシの年賀状

カテゴリ:
年が明けて、早1月も3分の1が過ぎましたね。

本年もよろしくお願いします。

毎年恒例今年の年賀状ですが(^^ゞ、今年は年齢的にも納得の「年賀状欠礼はがき」がたくさん届き、年賀状送れなかった方々に見ていただくのも良いだろうと、ネタ晴らしをしてみます。

昨年末、「とにかく元旦に間に合うように出す!」ことを、第一の目標にしました。
考え込まず悩まず、作業のように割り切って、さっさと終わらせる!と。
まずは図案のイメージ。
「イノシシというと、花札!イノシカチョー!」で、花札のイメージにしよっかな~と考え、
ネットで「花札イノシシ」とググったれば、まあ出るわ出るわ、年賀状のデザイン案が!。
もう、自分オリジナルを作ることが、何か間抜けなことをしてる気分になりました。

でもって、リアルな猪を描くって気には鼻からならなくて、
女子美術大学デザイン科卒として大得意の「テクスチャー」と「コラージュ」でまとめることにしました(私の学生時代はこれがおおはやり!)。
前回ブログに載せたボールペンの線描きイラストを、9匹分切り取って、いろいろに配置しなおし、
「テクスチャー」は非常に安易でありますが、最近描いた落ち葉の絵を切り取りました。
2019亥
9匹の落ち葉のイノシシが出来ました。

ま、これはこれで良しとしよう、で、金色に見える「謹賀新年」と
昨年、先輩夫婦が長野に来た時、渋温泉をバックにBobさんが「自撮り」で撮ってくれた写真が気に入ってたので、その写真の自分の顔を切り取って入れました笑。
photo
<♡楽しかった去年の思い出♡>

昨年はパース制作の仕事で様々な出会いがありました。
現場の方のご依頼で、LINEで情報やりとりして、リアルタイムでパース画像をLINEで送り、とても喜んでいただけました。現代のやりようで、いかようにも対応できることがわかり、痛快でした。
今年はどんなパースを制作できるでしょうか。どんな出会いがあるでしょうか。
やはり年始めはわくわくしますね!。
2019亥のコピー

インテリアコーディネーターの資格

カテゴリ:
あっという間の年の瀬。
一年のつけがどっと押し寄せてる感の「あわただし気分」まっ最中です。

家の中どこを見ても「あれも捨てなきゃ、これも捨てなきゃ、そうして必要なものをここに整理しなおして…。」と思うところばかり。
そう!断捨離をしたいのに何も手が付けられてないどころか、全てが散らかってる!。
アタシって片付けられないオンナ?。
最近の気分の不調は、整理整頓が出来てないことと、絵がまるで描けないこと、これが原因と分かってはいるんです。
どうにかすっきりしたい、けれど年をまたいでの仕事もあり、ある程度は進めておかないとならないし。ああ。

そんなこんなで、断捨離の一環としてではないですが、
持っている資格、インテリアコーディネーターの資格更新手続きを今回はしないと決めました。
高齢者の自動車運転免許ではないですが、「お返しします」。
1224-1
更新の書類がしばらく前に来ていて、来年1月が締め切り。
たしか5年ごとの更新でしたか、前回も、ただ持っているだけの資格なので「どうしようかなぁ?」と考えていたら、娘が「せっかく取った資格だし、持っとけば? 次回は仕事で使ってるかどうかでその時決めたら?」と言ってくれて、「それもそうねー」のノリでした。

このインテリアコーディネーターの資格を取ったのは15年前、45歳の時です。
パース屋になるのに資格は必要ありません。ですが、何か自分を社会的に証明できる資格が必要だと、切実に考えていました。ひとりでパース屋を続けていくためには、“ただのおばちゃんではないぞアピール”をする必要があると。
当時こうした資格試験取得がかなりブームで、インテリアコーディネーターの資格取得は結構難関でした。しかし私は建築インテリアを基礎からしっかり学ぶことに飢えていたし、学んだことのお墨付きをいただくことを渇望していました。ので駅前のヒューマンアカデミーをかなりの金額出して受講して(私は個人だったので全額自己負担ですが、ほとんどの人は仕事先の補助を受けての受講だったようです)、真剣に「取りに」いったのです。ヒューマンにお金を払ったからと言って合格が近づいたわけではもちろんなくて、かなりの人数受講してましたが、その中で合格したのはたぶん一桁、5~6人くらいだと思います。いや、自慢ではなく(^^ゞ、つまりそれだけ「受かる」ことに真剣だったのです。実技試験中、「寸法を書き入れて終わりだ」と思った途端、右手が震えだし、どうにも字が書けなくなりました。深呼吸したり、腕を振り上げてみたりしたけど収まらず、でも書かなきゃ受からない!、左手で右手を抑えて震えを抑え、ぼろぼろでしたが、なんとか時間内に寸法の数字を書き入れました。「ダメだ、落ちた…」泣きそうでした、が良く頑張ったと今では思えます。

果たしてその後、インテリアコーディネーターの仕事は2回程お声がかかりましたが、仕事にはなりませんでした。
私はインテリアコーディネーターの仕事がしたくて資格を取ったのではないですから、当然といえば当然です。ですがこの資格を取ったことで、丸まっていた背筋をピンとはることができる気がしました。
パース屋になって20年の歳月が経ちました。名刺にインテリアコーディネーターの資格を書き添えることはやめ、自信を持って「パース屋です」と言えることに、ちょっとだけ背筋が伸び、爽快な気分になりました。
1224-2
このバッチ、ついにつけることはなかったけど、きれいなバッチで、とても好きでした。
(あ、特にこのバッチを返送するとかは、ないです。)

最近15の歳から知ってる友人が、超難関の資格試験にパスしたと自身のブログに書いていたのを読み、知りました。その資格は今後彼女が生きていく方向を照らす灯台のようなものになるのじゃないかと感じました。
資格を返上する私と、新たな境地へ資格を持って臨む友人。
きっと彼女は海外へ向かうと思いますが、この先の私たちの人生はどのように展開していくのだろうと、未知の世界にわくわくします。年を重ねることも悪くないなと思う年の瀬であります。

さー、片付け片付け、さっさとしないと~。
1224-3
今年も一年間ありがとうございました。
皆様にはどうぞ良いお年をお迎えください。

夏の思い出はマリオネット

カテゴリ:
1025-2
手帳の日付は8月23と24日になってますが、実際は8月25日土曜日。
上田市の友人が誘ってくれたコンサートの合間の手帳スケッチです。

ポルトガルギター&マンドリン
マリオネットの音楽を楽しむ会』
~サウダーデのかなたに~
1025-4
会場がなんと、「日本キリスト教会 上田教会」。
外観は瓦屋根の日本家屋。
内部も、会場となった礼拝室は板張りで白を基調としてうす青緑色が配色され
椅子と机で、洋風ではありましたが、
天井は格天井で、いわゆる昭和以前の和洋折衷建築、という感じでした。

暑い日で、夕方からのコンサートも日中の暑気がこもり、ますます暑く、
礼拝室いっぱいの人に、古そうなエアコンが一台…。

「耐えられるだろうか…。」
そう思ったのも束の間、演奏が始まるとその素晴らしい演奏に
もうもう夢中になってしまい、あっという間の2時間でした。

1025-5
『サウダーデ』とは、
ポルトガル語で「帰り来ぬ懐かしきものへの郷愁」だそうで、
(パンフレットによると)
“世界的にも珍しいポルトガルギターとマンドリンのアコースティックユニット
「マリオネット」

その音楽は、
クラッシックでもポップスでもない「マリオネット」という独自のジャンル
初めて聞くのにどこか懐かしいポルトガルギターの音色、
そして心震わすマンドリンのトレモロの響き。
夏の終わりのひととき、マリオネットの音楽とともに
「サウダーデの彼方に」旅してみませんか?”


帰りには早速CDを購入、
そこからは、そのCDをゆっくり聴きたいが為にドライブしたり、
最近は常に頭の中にマリオネットの曲が流れていて
へったくそな、思いっきり簡略化された、おかしな鼻歌歌っている自分に
びっくりしているわけなのであります。
1025-3
娘の婚礼を控えた、過ぎ去った今年の夏は、どうにも忙しく
「夏の思い出」で思い出されるのは、たぶんこのコンサートだけ。
このあとの夕食も友人がとっても美味しいイタリアンの店を予約していてくれて、
最高の日だったのでした。

婚礼の日

カテゴリ:
1006-1
先週の3連休初日、娘たちの結婚式でしたが、
頼まれていたウエルカムボードです。
この写真は娘のお友達がデジタル一眼レフカメラで撮ってくれたもの。

「9月の初めには額装して東京にいる自分たちに送ってほしい」と言われていて、
8月中、あの酷暑の中、仕事の合間をみながら、冷房のあまり効かない部屋で
イーゼルに置いて、汗だくで描きましたよ私は。
1006-2
こちらは姪がスマホで撮って送ってくれたものです。
会場の照明が映り込んで、雰囲気がわかりますかね?

これを描く直前娘たちが飼い始めたハリネズミの“だだちゃ”をはじめ、
飼っている3匹の猫、“にゃむ”・“だいず”・“あずき”、全部入れまして、
ええ、ええ、もうね、ここぞとばかりに「母の愛💛」を押し付けましたわよ。
誰に何と思われようとかまったこっちゃない!と自分の世界に浸りましてね(^^)/

娘は嫌がってましたが、婿殿がホントに穏やかで思いやりの気持ちの深い
よくできた人で、娘と私のバランスをうまくとってくれたようです。
で、無事飾って貰えて、まぁ良かったです(^^ゞ

1006-0
こちらはウエルカムドールのコウモリさんのペア。
コウモリは婿殿が大学の頃からずっと研究対象にしている動物で、娘が選び
なんとこの和装衣装は、婿殿のお母様の手作りです!。
素晴らしかった💛
1006-3
別の姪が撮ってくれた新郎入場時写真に、
たまたまウエルカムボードが映り込んでいました。


1006-4
ついでに二人揃っての入場の時
新婦の色打掛は、二十歳の時の振袖をリメイクしたものです。
あまたの貸衣装どのくらい見ても、
「やっぱり振袖を打掛にしたい」という思いがあったそうで、
よほど手間も時間もお金もかかったと思うのですが、
やはりとても似合っていて、成人式・いとこの結婚式・大学卒業式と
何度も着ているのに、これほど気に入って大事に着て貰えるとは!。
照明が落ちていましたので、さすがにひとしきり、うれし泣きをしましたねぇ。

式はふたりの、今まで出会った方々への感謝の気持ちが、
いたるところに感じられるものでした。
ウエルカムボードを私に描かせてくれたのも、ふたりの思いやりだったのでしょう。
忙しいふたりがよくぞここまで…と思うくらいの手の込んだ手作りのものや、
来てくださった方に、たくさんの感謝の思いを丁寧に込めた仕掛けや演出で
皆様方からも本当にたくさんの祝福をいただきました。

1006-5
新郎はいわゆる日本の最高学府と言われる大学の大学院に現在在籍しているのですが、
普段と全く変わらない、肩ひじ張らない挨拶の連発で
本人の意図するところではなかったでしょうが、いわゆる天然のボケに
会場は終始なごやかな笑い(および爆笑)に満ちてました。
そんなわけで上の写真、新婦母の私、泣き笑いのすっごい顔してます。

さあさあどうなる?

カテゴリ:
先日娘から、
なにを血迷ったか(もしくは、久しぶりのお酒の勢いか)、
「ウェルカムボードの絵、描いてくれない?。」と言われました。
ぎょぎょぎょ~~!、
我々親子はいつでしたか、
“ポップでキュート”の見解の相違から、大バトルしたんでありまして、
私も内心やってあげたい気持ちがないわけではなかったですが、
まぁまぁ、お互いの平和の為にそーっとしておいた案件ですね。

で、娘の言う“ポップでキュート”の参考として、
娘が小学生の頃、実は私が体調崩し10日程入院したことがありまして

その時病室で描いて、毎日顔を見せに来る娘に渡していた絵ハガキのようなものがあるのですが、
そんな感じで描いて欲しいのだと。
0708-1
こんな感じで、“ポップでキュート”に描けと。
「ふ~~~ん」「なるほどね~」

これも、この当時そんなに気に入ってるようには見受けられなかったんですがね~。

これなんか↓思い切り不評だったような…(^o^)/
0708-2

たぶん自分でするのがめんどくさくなってきたんでしょう、
仕事も忙しいし。

「ま、描いてみて、ふたりが気に入れば使えばいいじゃない?。
嫌ならパスで、全然オッケーよー。」

ということにしました。

たぶん(ほとんど確信してますが)、ほぼこんな感じ(上のハガキ絵)で収まる気がしない、
暴走するだろう自分が、既に容易に、想像できます。
そして娘がプンプン「こんなの絶対使わない!」と怒り狂う場面も。

ヒェぇ~~~、、、さぁどうなりますか。


このページのトップヘ

見出し画像
×