カテゴリ

カテゴリ:たべもの

山ウド

カテゴリ:
0429-1
久々に手帳スケッチですが。
使っている『ほぼ日手帳』への記録としてのスケッチは続けていますが、
基本ごく個人的なものだし、今年は仕事も何もかもぐしゃぐしゃ書き込んでるので、
これを世間様に晒すのはどうなの?って思ってはいるんですよ。

ですがまあ、最近友人から山ウドを採ってきたからとおすそ分けして貰いまして、
私大好物なもので「すぐ食べたいっ!」のですが、すっごくきれいな色だったのですよ~。
葉と茎の野趣味ある緑色と茎の赤紫のコントラストが、もうもう涎ものでしたね(どっちの?)。

で、とにかく調理の前に手帳に描きました。
色鉛筆も間に合わず(「えぇい、かったるいわぁ」)、水彩で色つけました、ちゃっちゃーっと。

天ぷら、酢味噌合え、お味噌汁と存分に楽しませていただきました。
ああ、私的にはこれぞ山の幸~~。
毎年ありがとう♡いずちゃん。

(ちなみに左側に描かれているおかしなものは、この日近所に開店になったユニクロに
ひやかしに寄ってみつつ買ってしまったもの。3足セットの靴下とかジョガーパンツとか‥。)

0429-2
ついでに、これは誕生日にいただいた飯島商店の『三宝柑』のスケッチ。
柑橘類の生ゼリー、おいしかったな~。




やっぱり‥

カテゴリ:
1119

思い切りが悪いっていうか‥、

なんとなしに眺めていたら
やはり背景が気になって落ち着かない、、、
そのまま筆持って、手を入れました。
やっぱりね~(なにが?)。

これでおしまい。

秋に好きなもの

カテゴリ:

1113-1
近所に住む甥の、お嫁さんの実家で採れた洋梨『ラ・フランス』。
私の好物なので、甥っ子が長女のまおちゃんと一緒に届けてくれました~。
この下に敷いた紙袋はその時洋ナシが入っていたもの。
たくさん貰ったんですけど、お仏壇に供えたりして、描く用に3個選びました。
すでに『採り熟ませ』してあるようで、厚い皮の下の果肉は良い弾力をしています。

物心ついた時には家に洋梨の畑があって、『パート』という品種を作っていました。
リンゴ農家なので、その畑の洋梨は片手間でつくるようなものだったのだと思います。
私のおじいさんは結構ダイナミックな人で、水田やリンゴを作りながら
いろいろなことを試したようです。
雉を飼ったり、豚を飼ったり、綿花を栽培したり、
それと同じように洋梨も育ててみたのじゃないかと私は想像しています。
そのおかげで子供の頃、室に寝かせた洋梨が黄色くなって良い香りがしてくると
近所の幼馴染と好きなだけ食べても叱られませんでした。
リンゴはいまだに苦手なのですが、洋梨はその当時から大好きでした。
ので、おじいさんのことも大好きでした。

そして、ずっと子供の頃から“洋”梨とはいえ、この梨こそが日本の「梨」であって、
『二十世紀』などのいわゆる和梨は、
めったにお目にかからなかったせいもあると思うのですが、舶来のように思っていました。
その違和感はさすがに今は消えましたが、それでもたまに『パート』を見つけると、
やはり大昔から日本にあった果物のように感じます。

<ワトソンスケッチブック F4>

こちらは背景を追加しようか?考えて、エスキスを。
ふつーのうすい画用紙に0.7mmボールペンで描いて、うすく色つけました。
で結局、背景は追加しないことにしました…。
‥次いこ、つぎ~。
1115

美味しいさくらんぼ

カテゴリ:

0621-1

今年も友人が気前よく声をかけてくれて、行ってきました友人夫妻の畑の「さくらんぼ狩り」。

今年はご主人様が素人ながら結構熱心に周辺の方々に教えて貰いながら頑張ったそうで、
枝もたわわに真っ赤なさくらんぼが。

遠慮のかけらもなく採らせていただきました、、、というか
“赤くてかわいいじゃらじゃら”を見ていると、どんどん採りたくなってしまうのは、
やはり本能ってもんじゃないでしょうかねー。
ひとりで食べきれるはずはないのに友人は自分の採った分も私の方に入れてくれまして。
そう、帰るなりいそいそと兄のところに。兄の孫ちゃんズの喜ぶ顔見たさに!。
今年はお義姉さんの方が狂喜してました~、大の果物好きですからね~。

そして残りは最近増えた近所のちびちゃんがいるお宅にあげました。
うちには今子どもがいないので、なかなか交流もなかったのですが、
このさくらんぼでぐっと距離が縮まった気がしました。
そういえば父も果物が採れると近所のちびちゃんがいるお宅にあげてましたっけ。

ああ、しかし、今年も他人のふんどしで相撲を取ってしまいました‥。
ありがとう、あっこちゃん。感謝です。

私もまずはスケッチしてから、と描きだしましたが、だめですね~、ひとつふたつとつまんでしまうので、
なんだかもう見て描いてもなにがなんやら。

描くか食べるか、どっちかにするべきですね。なかなかうまくいかなかったです。
なんとも中途半端でした、反省。



<F4スケッチブック(コットマン)>

山きのこ

カテゴリ:

1130
私、ずっと思っていたのですが、
「森」とか「林」って何?、どこにあるの?どれが森で、どれが林?って。
そう、生まれ育ち、今も住んでる長野県では森も林も関係なく、すべては「山」!。
木のあるところは全て山なのです。
だから「森のきのこ」なんて言い方はちっともピンとこないのですね~。
やっぱ「山きのこ」でしょう。

先週、ブナ山大好きの友人が山で採ったきのこをおすそわけしてくれました。
ちいさな段ボールの中に、なめことかひらたけとか、あと何だけ?
とにかく数種類のきのこと、きれいに紅葉した落ち葉をふんわりしきつめてあって、
それはそれは素敵な世界でした!。
早く食べたい、けれど食べる前に描きたい!で、大急ぎでガガガーッと描きました。
メッセージには「段ボールの中は山の幸です」だって!。
やるなぁIZUちゃん。ありがとねー。

<コットマンスケッチブック F4>

このページのトップヘ

見出し画像
×