カテゴリ

カテゴリ:植物

薔薇はバラは~(^^♪

カテゴリ:
庭のバラ、ピエール・ド・ロンサールですが、今年もきれいに咲いてくれました。
切り花にして室内で描いてみました、先週末。
0606-6
この清楚な美しさをどうやったら表現できるんだろう?
ってより、
「‥どうやったらバラに見えるんだろう!。」ってカンジですね(^^ゞ

一枚目
0606-1
う~~ん。

二枚目
0606-2
少しは捉えられたかと思ったんだけど、、いやいや、う~~ん。。。

0606-5

それでもバラの花に囲まれて幸せな気分の週末でした。

5月らしいスケッチ

カテゴリ:
0518
先週、仕事上の待ち合わせ場所で。
久しぶりの東御市だったので
少し早めに着いたらスケッチしようと準備していきました。
東御市体育駐車場、奥の方の弓道場前から
林のようにこんもりした木立をスケッチしました。
(SMスケッチブック)

0521-2
これは日陰の庭に今は盛りに今年も咲いたシャガ。
母が亡くなった年の春、
このシャガをお義姉さんがきれいだねと言ったのをきっかけに
両手に抱えるほど持って実家の仏間に入った時、
母が喜んでいる気配を感じました。
どういったらいいのか表現できない感覚でした、
パァっと仏間全体が輝くような、
母の「まあ!きれいだねえ、うれしいよ。」が、
言葉を介さず私の体に入り込むような。
不思議な感覚だったけど、私も母を近くに感じてうれしかったです。
こういう体験は娘と二人の時を含めて前後何度かしました。

シャガの薄紫色は母によく似ています。
今年は描けてよかった。
(SMスケッチブック)

ぷーりっぱ

カテゴリ:
0505
我が家の狭い庭には時として「あれれ~」と思うものが咲いたりするのですが、
例えば枯れてしまったと思ったミソハギが現われたり、また現れなくなったり、
球根もらって植えたけど花が咲かない曼珠沙華、球根始末したつもりだったのに
ある日庭の片隅で真っ赤な花が咲いて驚いたり‥。
このチューリップも何年も葉っぱだけになってしまって、
球根掘り返して始末したつもりだったのですが
どうも1本だけ残っていたようで、今年は可愛い赤い花をつけました。
私の趣味であまり派手な色合いの花などを庭に植えないので、
この1本がものすごく目立つのですが、
それはそれでなかなか良いバランスで、
しばし「一閑人(いっかんじん)」になって眺めていました。
重なった花びらが陽に透けて、花芯までシルエットに浮かんでいて、
息をのみました、で思わず描きました。

「ぷーりっぱ」とはその昔、旧友の手紙にあった
小説のなかの少年のチューリップの呼び名で、
以来ずっと私はチューリップを見る度に
心の中で”ぷーりっぱ”が浮かんでいたのだと思います。
志のある少年だったその旧友の壮年期を、私はまったく知らないまま、
彼は去年亡くなりました。
才能にあふれ将来何にでもなれそうな利発な少年だった彼を想う時、
「人生は短い」と感じるこの頃です。

0425
さて、4月の下旬、上越の先輩夫婦が参加しているグループ展を観に
新潟県の妙高市に出かけました。
なかなか自由で楽しい展示でした、『妙高山が見てござる』展。
日常の中に自然に絵があるようなご夫婦ですが、
基本、何かにとらわれることなく、楽しく自由に描くことを良しとしておられます。
だから観ても惹きつけられます、いいなあと思える。肩の力を抜いてほっとできます。
新井駅近くのすこしさびれた商店街、
「お茶飲みに行きましょう」と3人で入ったのがここ パーラー「ピッコロ」
パーラーという呼び名もずいぶん懐かしい。
祥二郎さんと私はバナナジュース、道子さんはコーヒーでしたが
このバナナジュース、思いのほかおいしくてびっくり!!。
早速手帳にボールペンで描いていたら祥二郎さんが
「それはいい、写真で撮ったものは忘れてしまうが、手で描いたものは記憶に残る。」
と言ってくださり、道子さんにもほめられちゃいました~。
3人でお喋りがとても楽しかったです。

上越高田蓮まつりの蓮

カテゴリ:
0725-1
ちょっと気持ちが疲れると上越市の先輩に会いたくなってしまいます。
土曜日電話したら
やはりご夫婦で「今高田城址公園の蓮を描いてる」とのことで、
「アタシ、明日、行っていいですか?!。」
で翌日の日曜日車でブーンと行ってきました。
最近の気分を反映して、行くと決めてもまだノブユキ(犬)連れて行こうかとか、
もたもたぐずぐずしていて、結局高田城址公園に着いたのは昼間際でした。
3人でおいしいお寿司を食べたあと、
午後先輩とふたりで公園の木陰でスケッチしました。
最近買った「ウォーターフォード」という紙のF8サイズブロックを持っていったのですが、
私のスケッチの師匠ともいうべき先輩の傍でなら何とかなるかもと、初めて使ってみました。
すごく良い紙でびっくりしました。
素直で発色が良くて‥。ランプライトという紙となかなか仲良くなれないでいたので
ストレスなく描けました。

ですが、出来はストレスがないからどうのってことではないようです(^^ゞ。

暑いし、時間もそうないし、紙はでっかいし、、、
下書きも線3本くらいしか書かず、「ちょっとこの初めての紙で試し書き~」のつもりで。
蓮の花のスケッチを真剣にしているふりをしながら、背後の先輩とずっとお喋りしていて、、
きっと気づかれてしまったでしょうね。
会ったそばから私に持たせるお土産の「上越市の酒」のことばかり気にしてくださる
ご夫婦でした!。
「私はスケッチに来たの~~!。」なんて、どんなに言っても、全てお見通しかと
随分気持ちが楽~になって帰って来ました。
いつもありがとうございます山本ご夫妻さま♡。




だって、しろたえぎくが

カテゴリ:
0626-1
昨日‥

仕事してました、もちろん土曜日も。

「あーーー、もうたまらん!!。」と叫んで庭で描きました。

我が家の庭、
ガーデン『ネコノヒタイ』、、、、なんちゃって。


「しろたえぎく」が呼ぶんですよ~、

「黄色い花が咲いたよ、描いて描いて♡」って(^^ゞ。

で、1時間で終了して、
それでも気分はかなり回復、爽快!。

「今日はここまで。」と言いながら夕方
結局仕上げてしまった‥。

こんな感じです。
0626-3

「しろたえぎく」と甕に植え替えた「ラベンダーセージ」を描きたいと思いました。


このページのトップヘ

見出し画像
×