カテゴリ

カテゴリ:植物

上越のカタクリ

カテゴリ:
0327-2
今年は3月と思えないほど暖かかったり、で翌日はぐっと寒くなったり、
三寒四温とはいえこの寒暖差はひどいですね。
そんな「明日の天気と気温」を見ながら、そして仕事の合間を見計らって
「それ~~!」と上越に住む先輩ご夫婦に会いに行きました。
一緒に絵を描ける友人は、この道子さんと祥二朗さんご夫婦しか
私にはいないので、良いお天気で3人でスケッチ出来て
本当に楽しかったなぁ(と思い出に浸る、すでに先月の話ですので(^^ゞ)。
0327-3
以前にも行ってスケッチしたことのある妙高市の鯖ヶ尾城跡の
池?ため池でしょうか、名前はわかりませんが、その周辺で「1時間ね」と決めて。
カタクリを描くふたりは、柔らかい光に輝くカタクリを描かれていました。
私はその池のグリーンかかった色と対岸に残る残雪に興味が沸いて
SMサイズのスケッチブックを見開き使って、
筆洗いも水もなくて、水筆のみで水彩で色つけました。
丁寧に描けませんでしたし、色も思ったように出ませんでしたが
その場で描いたスケッチとして、その時の強い印象は描けた気がします。

上越の美味しいお寿司食べて美味しいお酒を買って帰り、
帰り道に手帳に妙高山をちょろちょと描いて帰ってきました。

今思い出しても楽しくて満たされた思いが沸きあがってくるようです。
その後仕事に忙殺されてますが、早くカタクリや妙高山に色つけないと!。

花束を描く

カテゴリ:
0208
今年の誕生日に娘から届いたお花です。
この時期寒いのは当然ですが、このところの低温で
寒冷地へのお花の配達』は“切り花”のみ!!だったそうです。
いやー、お花屋さんも配送屋さんも大変ですね!。
おかげさまで素敵な花束が届き、しばらく楽しませてもらいました。
花瓶ではないのですがこのブーケが全部入るガラスの水差しにドンと投げ入れ、
翌日ガーベラが一本折れてしまったので、
手折って、好きな陶器の器(菅平の『すぐり窯』さんの脚付き器)
水を張って置いてみました。
オレンジのガーベラは娘が特に好きな花です。

娘が好きな黄色やオレンジのお花がメインで、若々しく可愛らしいブーケでした。
その印象は描けたかな(^^ゞと思います。

薔薇はバラは~(^^♪

カテゴリ:
庭のバラ、ピエール・ド・ロンサールですが、今年もきれいに咲いてくれました。
切り花にして室内で描いてみました、先週末。
0606-6
この清楚な美しさをどうやったら表現できるんだろう?
ってより、
「‥どうやったらバラに見えるんだろう!。」ってカンジですね(^^ゞ

一枚目
0606-1
う~~ん。

二枚目
0606-2
少しは捉えられたかと思ったんだけど、、いやいや、う~~ん。。。

0606-5

それでもバラの花に囲まれて幸せな気分の週末でした。

5月らしいスケッチ

カテゴリ:
0518
先週、仕事上の待ち合わせ場所で。
久しぶりの東御市だったので
少し早めに着いたらスケッチしようと準備していきました。
東御市体育駐車場、奥の方の弓道場前から
林のようにこんもりした木立をスケッチしました。
(SMスケッチブック)

0521-2
これは日陰の庭に今は盛りに今年も咲いたシャガ。
母が亡くなった年の春、
このシャガをお義姉さんがきれいだねと言ったのをきっかけに
両手に抱えるほど持って実家の仏間に入った時、
母が喜んでいる気配を感じました。
どういったらいいのか表現できない感覚でした、
パァっと仏間全体が輝くような、
母の「まあ!きれいだねえ、うれしいよ。」が、
言葉を介さず私の体に入り込むような。
不思議な感覚だったけど、私も母を近くに感じてうれしかったです。
こういう体験は娘と二人の時を含めて前後何度かしました。

シャガの薄紫色は母によく似ています。
今年は描けてよかった。
(SMスケッチブック)

ぷーりっぱ

カテゴリ:
0505
我が家の狭い庭には時として「あれれ~」と思うものが咲いたりするのですが、
例えば枯れてしまったと思ったミソハギが現われたり、また現れなくなったり、
球根もらって植えたけど花が咲かない曼珠沙華、球根始末したつもりだったのに
ある日庭の片隅で真っ赤な花が咲いて驚いたり‥。
このチューリップも何年も葉っぱだけになってしまって、
球根掘り返して始末したつもりだったのですが
どうも1本だけ残っていたようで、今年は可愛い赤い花をつけました。
私の趣味であまり派手な色合いの花などを庭に植えないので、
この1本がものすごく目立つのですが、
それはそれでなかなか良いバランスで、
しばし「一閑人(いっかんじん)」になって眺めていました。
重なった花びらが陽に透けて、花芯までシルエットに浮かんでいて、
息をのみました、で思わず描きました。

「ぷーりっぱ」とはその昔、旧友の手紙にあった
小説のなかの少年のチューリップの呼び名で、
以来ずっと私はチューリップを見る度に
心の中で”ぷーりっぱ”が浮かんでいたのだと思います。
志のある少年だったその旧友の壮年期を、私はまったく知らないまま、
彼は去年亡くなりました。
才能にあふれ将来何にでもなれそうな利発な少年だった彼を想う時、
「人生は短い」と感じるこの頃です。

0425
さて、4月の下旬、上越の先輩夫婦が参加しているグループ展を観に
新潟県の妙高市に出かけました。
なかなか自由で楽しい展示でした、『妙高山が見てござる』展。
日常の中に自然に絵があるようなご夫婦ですが、
基本、何かにとらわれることなく、楽しく自由に描くことを良しとしておられます。
だから観ても惹きつけられます、いいなあと思える。肩の力を抜いてほっとできます。
新井駅近くのすこしさびれた商店街、
「お茶飲みに行きましょう」と3人で入ったのがここ パーラー「ピッコロ」
パーラーという呼び名もずいぶん懐かしい。
祥二郎さんと私はバナナジュース、道子さんはコーヒーでしたが
このバナナジュース、思いのほかおいしくてびっくり!!。
早速手帳にボールペンで描いていたら祥二郎さんが
「それはいい、写真で撮ったものは忘れてしまうが、手で描いたものは記憶に残る。」
と言ってくださり、道子さんにもほめられちゃいました~。
3人でお喋りがとても楽しかったです。

このページのトップヘ

見出し画像
×